プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売

2017.03.14 自動車ニュース
新型「プジョー3008」
新型「プジョー3008」

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年3月13日、SUVの新型「プジョー3008」の販売を開始した。

新型「3008」のインテリア。写真は限定モデル「GTライン デビューエディション」のもの。
新型「3008」のインテリア。写真は限定モデル「GTライン デビューエディション」のもの。
運転支援システムの強化も図られており、アクティブセーフティーブレーキ、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニターなどが標準装備となる。
運転支援システムの強化も図られており、アクティブセーフティーブレーキ、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニターなどが標準装備となる。
荷室容量は、従来モデルより88リッター大きい520リッターを実現。また、ワンタッチで後席を倒すことができる。
荷室容量は、従来モデルより88リッター大きい520リッターを実現。また、ワンタッチで後席を倒すことができる。
パノラミックサンルーフは「アリュール デビューエディション」に標準装備。カタログモデルの「アリュール」を除く、他の2モデルにオプションで用意される。
パノラミックサンルーフは「アリュール デビューエディション」に標準装備。カタログモデルの「アリュール」を除く、他の2モデルにオプションで用意される。
2つの「デビューエディション」に装備される、ハンズフリー電動テールゲート。
2つの「デビューエディション」に装備される、ハンズフリー電動テールゲート。
「GTライン デビューエディション」
「GTライン デビューエディション」

よりSUVらしいスタイリングに一新

新型プジョー3008は、全長×全幅×全高=4450×1840×1630mmというボディーサイズのミドルクラスSUVである。欧州では2016年5月に発売され、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2017を受賞している。従来モデルはAピラーの傾斜が緩やかなモノフォルムデザインが特徴のクロスオーバーモデルだったが、今回のモデルは直立したフロントフェイスと大型グリル、高いウェストライン、ワイドなプロテクターが特徴として挙げられる、よりSUVらしいスタイリングのモデルに一新された。

車体構造には、「シトロエンC4ピカソ」や「プジョー308」と同じく軽量設計の新世代プラットフォーム「EMP2」を採用しており、車両重量を1460~1500㎏としている。エンジンは最高出力165ps、最大トルク24.5kgm の1.6リッターガソリン直噴ターボで、トランスミッションにはシフトバイワイヤ方式の6段ATを搭載。アイドリングストップ機構を標準装備しており、燃費はすべての仕様で14.5km/リッター(JC08モード)となっている。

駆動方式はいずれもFFのみで、4WDの設定はないが、日本導入記念モデルである「GTライン デビューエディション」には、路面状況に応じて最適なトラクションコントロールの制御を選択できる「アドバンスドグリップコントロール」(ヒルディセントコントロール付き)が装備される。

パッケージングは従来モデルから大幅に改善しており、ラゲッジルームには88リッター大きい520リッター(VDA方式)の容量を確保。サイドの張り出しが少ないスクエアな荷室形状や、開口部と同じ高さのラゲッジフロアなど、実用性に配慮した設計となっており、ワンタッチラゲッジルームフラット機能、前方可倒式助手席バックレスト、ハンズフリー電動テールゲートなども採用されている。

日本導入を記念する2つの限定モデル

ラインナップはベーシックな「アリュール」とLEDヘッドランプを備えた「アリュールLEDパッケージ」の2種類で、それらに加え、日本導入記念モデルとして「アリュール デビューエディション」、GTライン デビューエディションの2モデルが限定販売される。

各限定モデルの特別装備は以下の通り。

【アリュール デビューエディション】(80台限定)
LEDヘッドライト
ハンズフリー電動テールゲート
パノラミックサンルーフ
ブラックダイヤモンドルーフ 他

【GTライン デビューエディション】(180台限定)
LEDヘッドライト
ハンズフリー電動テールゲート
ブラックダイヤモンドルーフ
アクティブクルーズコントロール
アドバンスドグリップコントロール
18インチマッド&スノータイヤ
i-Cockpitアンプリファイ
ドライバースポーツパック
スポーティテップレザー&フアブリックシート
GT Lineインテリア&エクステリア

価格は以下の通り。
アリュール:354万円
アリュールLEDパッケージ:369万円
アリュール デビューエディション:398万円
GTライン デビューエディション:400万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 第27回:どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー308GTi 250 by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)【試乗記】 2016.5.23 試乗記 270psバージョンと250psバージョン、2つの仕様がラインナップされる、プジョーの高性能モデル「308GTi by PEUGEOT SPORT」。今回は、後者の「250」に試乗。「270」との違いを交えつつ、その走りの質をリポートする。
ホームへ戻る