第493回:大矢アキオのジュネーブショー2017
オペル買収決定! プジョー・シトロエンは燃えていた!

2017.03.17 エッセイ

アジアや中東にも向かうDS

第87回ジュネーブモーターショーが2017年3月7日に開幕した。近年のジュネーブ同様、今回もエクスクルーシブなスーパースポーツカーが多数披露された。

同時に関係者から注目されたのは、前日の3月6日にゼネラルモーターズの欧州事業買収を発表した(関連ニュース)、PSAグループの各ブランド(プジョー、シトロエン、DS)だった。

その中のひとつ、DSのブースを訪れると、話題の新型車「DS 7クロスバック」が展示されていた。欧州では「DS 5」の上位に位置づけられる、DSブランドの新たなフラッグシップである。

今回は、そのDSのマネジメントのトップにいろいろと話を聞くことができた。世界セールス&マーケティング担当のアルノー・リボー副社長は、DS 7クロスバックのセリングポイントついて「高いスタビリティーと、全長4.57mの中で実現した、優れた居住性です」と教えてくれた。

サイズ的にはCセグメントに属するということだが、ライバルはどのクルマなのか? その質問に対しては、「BMW X1」「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」「アウディQ3」と即座に答えた。さらに、メイン市場にヨーロッパ、中国、日本を挙げたうえで、イランにも近日、パリや上海同様、DS専用ショールームをオープンする予定であることも明かしてくれた。

イランと聞いて唐突な話だと思う読者も多いだろう。だが、現地のイラン・ホドロ社は、これまでもPSAと合弁で「405」や「206」の現地版を手がけ、2012年にイラン制裁発動でプジョーが撤退したあとも生産を続けていた。昨2016年には、PSAはイラン・ホドロ社と新たな提携契約を結んでいる。PSAとは縁の深い国なのである。

ジュネーモーターショーで披露された「DS 7クロスバック」。ドイツ車とは別次元のプレミアムに対する解釈と、さまざまなハイテクノロジーがセリングポイント。生産はフランス(ミュールーズ)と中国(深セン)で行われる。
ジュネーモーターショーで披露された「DS 7クロスバック」。ドイツ車とは別次元のプレミアムに対する解釈と、さまざまなハイテクノロジーがセリングポイント。生産はフランス(ミュールーズ)と中国(深セン)で行われる。
「DS 7クロスバック」のフロントまわり。大きなグリルが目を引く。
「DS 7クロスバック」のフロントまわり。大きなグリルが目を引く。
「DS 7クロスバック」のライバル車には、「BMW X1」や「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」などの名が挙げられている。
「DS 7クロスバック」のライバル車には、「BMW X1」や「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」などの名が挙げられている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

新着記事