BMW 318iスポーツ(FR/8AT)

3気筒の誘惑 2017.03.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。

3シリーズの新たなエントリーモデル

BMWといえば3シリーズ。40代以上には共通の認識だろう。コンパクトでスポーティーなセダンの代表であり、憧れの輸入車の代表だった。ただ、若い人にはSUVのイメージのほうが強いのかもしれない。2000年に発売された「X5」はプレミアムSUVブームを先導した。Xシリーズはその後ラインナップを拡大し、今はBMWの屋台骨を支える存在に成長している。

各メーカーがSUVに雪崩を打っているのだから、売れ筋モデルに注力するのは当然のことだ。クルマづくりの方向性が変わったわけではない。強豪がひしめく中でBMWのSUVが強みを保っているのは、「駆けぬける歓び」というフレーズに象徴される走りのブランドイメージのおかげである。中心にあるのは、今も変わらず3シリーズなのだ。

「318i」は、3シリーズのボトムラインを支えるため、新たに導入されたエントリーモデルである。これまでは2リッター直4ターボエンジンを搭載する「320i」がその役目を担っていた。318iという名前から1.8リッターだと思ってしまいそうだが、実際には1.5リッターである。しかも3気筒エンジンなのだ。「118i」や「218i」で一足先に採用されていたもので、「MINI」に採用されているエンジンも同タイプだ。

気筒あたりの排気量は500ccが最も効率的であるというのがBMWの主張で、1.5リッターなら3気筒、2リッターは4気筒という理屈でモジュラー化を進めている。いわゆるダウンサイジングターボエンジンだから珍しいものではないが、318iはDセグメントのFRセダンである。横置きエンジンのFFハッチバックならば普通でも、このクラスにも流れが波及したというところに意味がある。ストレート6が金看板だったBMWが気筒数半分のエンジンを採用したのだから、よほどの自信があるのだろう。

「BMW 318i」シリーズは、セダンとワゴンを合わせて、409万~511万円までの10モデル展開となる。今回のテスト車「318iスポーツ」(写真)は467万円。
「BMW 318i」シリーズは、セダンとワゴンを合わせて、409万~511万円までの10モデル展開となる。今回のテスト車「318iスポーツ」(写真)は467万円。
「318iスポーツ」のコックピット。インテリアカラーは「オイスター」と「ブラック×オイスター」、「ブラック×レッド」の3色展開。
「318iスポーツ」のコックピット。インテリアカラーは「オイスター」と「ブラック×オイスター」、「ブラック×レッド」の3色展開。
オプション「ダコタ・レザー」を選択した、テスト車の前席。シートヒーターも含まれる。
オプション「ダコタ・レザー」を選択した、テスト車の前席。シートヒーターも含まれる。
後席の様子。中央席の背もたれは、左右席用のアームレストとして使える。長尺物を積載するためのトランクスルー機構も備わる。
後席の様子。中央席の背もたれは、左右席用のアームレストとして使える。長尺物を積載するためのトランクスルー機構も備わる。
リアビュー。キーを身につけていれば、片足をリアバンパーの下部にかざすだけで、トランクリッドの開閉ができる。
リアビュー。キーを身につけていれば、片足をリアバンパーの下部にかざすだけで、トランクリッドの開閉ができる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る