「ジャガーFペース」に充実した装備が魅力の限定車

2017.03.14 自動車ニュース
「ジャガーFペース アクティブエディションパッケージ」
「ジャガーFペース アクティブエディションパッケージ」

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年3月14日、「ジャガーFペース」に限定モデル「アクティブエディションパッケージ」を設定し、受注を開始した。

リストバンド型アクティビティキー
リストバンド型アクティビティキー
「スポーツルーフボックス・パッケージ」
「スポーツルーフボックス・パッケージ」
「サイクルキャリア・パッケージ」
「サイクルキャリア・パッケージ」
「ウォータースポーツキャリア・パッケージ」
「ウォータースポーツキャリア・パッケージ」

今回の特別仕様車は、2リッター直4ディーゼルエンジンを搭載した「プレステージ」(2017年モデル)をベースに、装備を充実させた販売台数36台の限定モデルである。

主な特別装備は以下の通り。

  • スライド式パノラミックルーフ
  • 20インチ Blade 5スポーク アロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)
  • リストバンド型アクティビティキー(ウエアラブル技術を活用したウオータープルーフおよび耐衝撃仕様。テールゲートの「Jaguar」のロゴマークにキーを近づけるだけで、車両の施錠/開錠が可能)
  • 電動テールゲート
  • ステアリングホイールヒーター
  • プライバシーガラス
  • LEDヘッドランプ(コーナリングランプ付き)およびオートマチックハイビーム
  • レーンキープアシストおよびドライバーコンディションモニター

上述の装備に加え、以下の3種類のルーフアクセサリーの中からひとつを選択できる。

【スポーツルーフボックス・パッケージ】
容量320リットルのロック機構付きルーフボックスと、グロスブラックのルーフレールおよびルーフクロスバーからなる。

【サイクルキャリア・パッケージ】
ロック機構付きのルーフマウントサイクルキャリア(3台分)と、グロスブラックのルーフレール、ルーフクロスバーからなる。

【ウォータースポーツキャリア・パッケージ】
サーフボードやカヤック、セールボードなどを運搬できるウオータースポーツキャリアと、グロスブラックのルーフレールおよびルーフクロスバーからなる。

ボディーカラーは「グレイシャーホワイト」「アンモナイトグレー」「ダークサファイア」の3色で、それぞれ12台が用意される。

価格は767万6000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Fペースジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • ジャガーFペース35t Rスポーツ/Fペース20d プレステージ【試乗記】 2016.8.1 試乗記 ジャガー初のSUV「Fペース」に試乗。「ポルシェ・マカン」や「BMW X4」に真っ向から勝負を挑む新種のスポーツカーは、どのような走りを見せるのか。ガソリン車とディーゼル車の2車種について、その仕上がりを報告する。
  • メルセデスAMG GT(新型4ドアモデル) 2018.2.16 画像・写真 独ダイムラーは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、「メルセデスAMG GT」の新しいバリエーションとなる4ドアモデルを世界初公開する。そのテストシーンを画像で紹介する。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る