第7回:各ブランドのフラッグシップが集結!
輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~

2017.03.15 JAIA輸入車試乗会2017
BMW 740e iPerformance Mスポーツ
BMW 740e iPerformance Mスポーツ

JAIA輸入車試乗会の会場より、webCG編集部員が気になったクルマをリポート。今回は1000万円台の高級輸入車の中から、「BMW 7シリーズ」のPHVモデル、「テスラ・モデルX」「ジャガーXJR」「アウディRS 7」の走りをお届けする。

 
第7回:各ブランドのフラッグシップが集結! 輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~の画像
 
第7回:各ブランドのフラッグシップが集結! 輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~の画像
 
第7回:各ブランドのフラッグシップが集結! 輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~の画像
 
第7回:各ブランドのフラッグシップが集結! 輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~の画像

速くてうまいエコカー
BMW 740e iPerformance Mスポーツ……1240万円

“e”の字が付く「740e」は、BMW 7シリーズのプラグインハイブリッド仕様車。家庭やオフィスのコンセントで充電でき、エンジンとモーターを併用して走れるエコロジーなセダンだ。

そういう特殊なモデルは高価になるのが普通だが、740eは7シリーズの中で最廉価。思い切った価格設定は、「PHVを本気で普及させたい」という企業姿勢によるものだという。それでも、1000万円以上するけれど。

パワーユニットのベースは、2リッターの直4ターボ。全長5.1mの大型車には不釣り合いじゃないか? と思いきや、高出力モーターとのタッグでスポーツカーもたじたじの加速を見せる。驚いてカタログをチェックしたら、システム全体の最高出力は326psで、最大トルクは51.0kgm! アクセルペダルを踏み込んだ際のサウンドも4気筒らしからぬ重低音で、とにかくエコカー然としていない。

それが「EVモード」を選ぶや、まるで別のクルマになるから面白い。あんまり静かで快適なので、運転席から後席へと移りたくなるほどだ。市街地はもちろん、高速道路の速度域まで使えるこのEVモード、1充電あたり42km走行可能で、電気代は100円程度で済むのだとか。

……ってことは? 毎日EVモードでカバーできれば、年間1万5000km走ってもランニングコストは3万6500円。ハイオクガソリンの純エンジン車「740i」より12万~13万円も安くなる。それで10年乗ったなら……。環境意識があってもなくても、うれしくなってくるでしょう?

(文=webCG 関/写真=田村 弥)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • アウディA7スポーツバック 2017.10.24 画像・写真 独アウディが新型「A7スポーツバック」を世界初公開した。新型「A8」から導入が進められている新しいデザインコンセプトに加え、48Vのマイルドハイブリッド機構が組み合わされた新しいパワープラントも特徴となっている。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.2.13 試乗記 フルモデルチェンジで4代目となった、新型「アウディRS 4」に試乗。最高出力450psのV6ターボエンジンを得て、ハイパフォーマンスワゴンの走りはどう変わったのか。スペインはマラガから報告する。
ホームへ戻る