シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)

期待に届かず 2017.03.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。

満を持してのクリーンディーゼル

シトロエンのマルチパーパスワゴン「C4ピカソ」に、クリーンディーゼルが登場した。尿素水溶液を要する触媒装置と、DPF(微粒子フィルター)などの後処理デバイスで日欧の厳しい排ガス規制をクリアした2リッター4気筒ディーゼルターボ。日本でもすでにプジョー/シトロエン/DSに導入され、人気を集めている2リッタークリーンディーゼルである。

新エンジンは、5人乗りのC4ピカソと、ロングホイールベースの3列シート7人乗りグランドC4ピカソの両方に用意される。ちなみに、ディーゼルは既存のガソリン1.6リッター4気筒ターボより25万円高い。

今回、試乗したのは、ディーゼルモデルの呼び水としてグランドC4ピカソのみに限定200台で用意された「フィールBlueHDi」(372万円)。本来、オプションの電動パノラミックサンルーフを標準装備する一方、レーンキープアシストや、アクティブクルーズコントロールのアクティブ機能を省くなどして、レギュラーモデルよりも8万円お安くしている。

C4ピカソシリーズは、ヨーロッパでは相変わらず“C4”と名のつくシトロエンのトップセラーである。現行の2代目になってから4年近くたつのに、2016年も欧州全体で年間10万台以上売れた。営業車みたいに地味なハッチバック「C4」の2倍以上である。次に売れているのが、日本には限定200台しか入ってこなかった「C4カクタス」。いまのC4シリーズは派生モデルでもっている、という感じだ。

「グランドC4ピカソ」は、3列シートを持つシトロエンのミニバン。リアドアはスライドドアではなく、オーソドックスな横開き式になっている。
「グランドC4ピカソ」は、3列シートを持つシトロエンのミニバン。リアドアはスライドドアではなく、オーソドックスな横開き式になっている。
シートはツートンカラー(ブラック×グレー)のファブリック仕立てとなる。
シートはツートンカラー(ブラック×グレー)のファブリック仕立てとなる。
2列目シートの定員は3人で、個別に前後スライドとリクライニングが可能。運転席および助手席の背もたれの背後に取り付けられた折りたたみ式テーブルが利用できる。
2列目シートの定員は3人で、個別に前後スライドとリクライニングが可能。運転席および助手席の背もたれの背後に取り付けられた折りたたみ式テーブルが利用できる。
天井は大きなガラスルーフになっている。電動開閉式のサンブラインドも備わる。
天井は大きなガラスルーフになっている。電動開閉式のサンブラインドも備わる。
関連記事 ホームへ戻る