第34回:ディーゼルLOVE(後編)

2017.03.21 カーマニア人間国宝への道

ボルボV40 D4という賢すぎる選択

(前編)からのつづき
「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」を愛車とする清水草一、「ボルボV40 D4」を昨年購入した塩見 智、この2人による「ディーゼルLOVE」対談の後編をお届けする。

塩見 智(以下 塩):デキがよすぎるV40 D4からデルタに乗り換えて、セミATの変速のガックンが来た瞬間、実は逆に「これだろう!」とも思ったんですよ、マニア的には。

清水草一(以下 清):あ、デキが悪い! って思った瞬間に愛(いと)しくなる(笑)。

塩:俺が補ってやるっていう思いが湧きますね。MTよりスムーズに走らせるのが難しいし。

清:そうそう! MTのディーゼルこそ本場欧州の王道で、それに対する憧れはあるけど、MTをうまく転がすのはもう飽きた、みたいなところもあるんだよ!

塩:過去3台のセミAT車で、そこは満喫しました。逆にトルコン+ディーゼルなら継ぎ目のない大加速が味わえる。V40は8段ですし。

清:マニアが8段トルコンなんて乗ってていいのかって感じだね、堕落だ!

塩:一番実用一辺倒っていう部分はありますね。賢すぎる。

清:でも実際乗ると、賢すぎるのって、やっぱりイイね(笑)。

塩:デキが悪いのは嫌いじゃないんですけど、あまり続けて乗るとさすがに疲れてくる。疲れてクルマが嫌いになったら元も子もないので、ここらで休憩です。

清:ただ、レアさってのはマニア的に捨て難いよ。カーマニアが「コレなんだろう?」って凝視して、「デルタですか?」って聞いてくれる。ボルボV40じゃ絶対ありえない。というか、V40 D4に乗って登場しても、誰もマニアだとは思わない。

塩:典型的な賢い消費者ですから!

塩見 智氏の愛車「ボルボV40 D4」。(写真=塩見 智)
塩見 智氏の愛車「ボルボV40 D4」。(写真=塩見 智)
エンジンカバーには衝撃吸収素材が採用される。最高出力は190ps、最大トルクは400Nm。
エンジンカバーには衝撃吸収素材が採用される。最高出力は190ps、最大トルクは400Nm。
塩見氏がお気に入りの機能は音声入力。目的地設定などでは大いに活用している。
塩見氏がお気に入りの機能は音声入力。目的地設定などでは大いに活用している。
塩見氏の愛車を試乗し、そのデキの良さにうなる清水氏。
塩見氏の愛車を試乗し、そのデキの良さにうなる清水氏。
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

関連記事
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.6 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    イタリアのランチア改め、アメリカのクライスラーブランドで国内販売が始まった、新型「イプシロン」。巨匠 徳大寺有恒が、その印象を語る。
  • 第34回:ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.23 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    ランチア改めクライスラーのバッジを付けて上陸した「イプシロン」。ブランドが変わっても、このクルマならではのワン&オンリーな魅力は変わらない。
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
ホームへ戻る