第6回:キャデラックの旗艦「CT6」でドライブ!
アメリカを求めて2人の編集部員はどこへ?

2017.03.24 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR>

約2カ月にわたってお送りしてきた「キャデラックCTS日常劇場」もいよいよ大詰め。今回、ドライブに連れ出したのは「キャデラックCT6プラチナム」。全長5190mm、全幅1885mmを誇る、キャデラックのフラッグシップセダンである。2人の編集部員が、アメリカの空気を求めて出掛けた場所とは?

住宅街でもスイスイ走れる

藤沢:まずいな。ほった先輩と待ち合わせた時間に間に合わない。そうだ、Apple CarPlayを活用してみるか。Hey! Siri!

Siri:ご用件は何でしょう?

藤沢:webCGほったさんにメッセージ!

Siri:かしこまりました。どのような内容ですか?

藤沢:「渋滞でちょっと遅れます」

Siri:送信いたしました。

藤沢:これでひと安心。こういった先進機能にいち早く対応したキャデラックに感謝しなくては。えーと、この路地を左折して、ここを右折してと。おや、あのシルエットは……。

ほった:お待ちしておりました。

藤沢:おはようございます。本日のパートナーは、CT6プラチナムでございます。あまりのカッコよさにひれ伏してもいいですよ。ところで、ドライブの行き先については、ほった先輩に妙案があるとか?

ほった:任せてください。それではSiriに頼んで住所を入力しますね。フッフッフッ、私のデジタル対応力も少しずつ成長しているのですよ。

藤沢:全然難しくないですけどね。行き先は東京都福生市? ま、出発しましょう。ところで、CT6プラチナムはキャデラックのフルサイズセダンと聞いて、わりとビビッていたのですが、やけに運転しやすいですね。ほった先輩の住んでいる、武蔵野市の住宅街でも、何の不安もなく運転できました。

ほった:そこに気が付くとはお目が高い。実はわれらがCT6プラチナムには、後輪操舵システムの「アクティブリアステア」が標準装備なのです。クイッと曲がれるので、細い路地でもドントコイなのですよ。あと、ボンネットの端に起伏があるので、車両感覚がとてもつかみやすいクルマなのです。

藤沢:なるほどなるほど。あと、出発前に試したのですが、リアシートがすごいですよ。フカフカという表現はこのシートのみに用いられるべきです。編集部のイスがこれだったらいいのに。あと、エンジンのフィーリングにしびれました。スムーズに回るし、トルクがモリモリとわいてきます。

ほった:この3.6リッターV6自然吸気エンジンは、けだし名機といっていいでしょう。日本に導入されているキャデラックの中ではCT6プラチナムにしか搭載されていません。このフィーリングを味わえただけで今年の運は使い果たしたと思ってください。グハハ。

藤沢:左様ですか……。

→CT6の詳しい情報はこちら

今回、編集部員がドライブのお供に選択したのは「キャデラックCT6プラチナム」。堂々たるボディーの、フルサイズセダンである。
今回、編集部員がドライブのお供に選択したのは「キャデラックCT6プラチナム」。堂々たるボディーの、フルサイズセダンである。
キャデラックの統合ナビゲーションシステム「CUE」は、Apple CarPlay(写真)のほか、Android Autoにも対応している。
キャデラックの統合ナビゲーションシステム「CUE」は、Apple CarPlay(写真)のほか、Android Autoにも対応している。
Siriによって送信されたメッセージが表示された、webCGほったのAndroidスマートフォン。ちなみにこのスマートフォンは型が古く、Android Autoに対応していなかった……。
 
Siriによって送信されたメッセージが表示された、webCGほったのAndroidスマートフォン。ちなみにこのスマートフォンは型が古く、Android Autoに対応していなかった……。
	 
「CT6プラチナム」の3.6リッターV6 DOHCエンジン。最高出力340ps(250kW)、最大トルク39.4kgm(386Nm)を誇り、4輪を駆動して1920kgのボディーを軽々と走らせる。
「CT6プラチナム」の3.6リッターV6 DOHCエンジン。最高出力340ps(250kW)、最大トルク39.4kgm(386Nm)を誇り、4輪を駆動して1920kgのボディーを軽々と走らせる。
ウッドやレザーがぜいたくに用いられた室内空間。34個(!)のスピーカーを備えた「BOSE Panarayオーディオシステム」の心地よいサウンドも堪能できる。
ウッドやレザーがぜいたくに用いられた室内空間。34個(!)のスピーカーを備えた「BOSE Panarayオーディオシステム」の心地よいサウンドも堪能できる。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • キャデラックATS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.13 試乗記 470psの3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載するコンパクトキャデラック、「ATS-V」に試乗。キャディとてSUVが人気のこの時代、ど真ん中のセダンで勝負するこのコンパクトモンスターは、とびきり男前な一台といえるかもしれない。
  • キャデラックCTS-Vセダン(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.3.3 試乗記 ライバルを凌駕(りょうが)する出来栄えに脱帽。過給機付き6.2リッターV8エンジンを搭載した「キャデラックCTS-V」にロサンゼルスで試乗。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmという怪力を誇る、高性能スポーツセダンの実力を試す。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る