第494回:大矢アキオのジュネーブショー2017
巨匠ジウジアーロ復活! “希少性”に生きるカロッツェリア

2017.03.24 マッキナ あらモーダ!

SUVの次はシューティングブレーク!?

第87回ジュネーブモーターショーが2017年3月19日に閉幕した。主催者発表によると、入場者数は前年とほぼ同水準の69万1351人だった。

ジュネーブは、伝統的にイタリア・トリノのカロッツェリアが新作を持ち込むことから、世界5大モーターショーの中で最もカーデザインにスポットが当たるショーとされている。

その点、今回筆者が気になったのは“シューティングブレーク”だ。思えば昨年も、イタルデザイン・ジウジアーロのコンセプトカー「GTゼロ」でシューティングブレークスタイルが試みられた。

それに続き今回は、かのポルシェが「パナメーラ」の新バージョンとして発表した「パナメーラ スポーツツーリスモ」において、シューティングブレークのスタイルを採用した。

この車型、これまでもさまざまなメーカーが扱ってきたものの、メインストリームにはなっていない。近年では「フェラーリ・フォー」の例があるものの、同車の場合は「フェラーリGTC4ルッソ」とネーミングを変えてまで忘れられることを防ごうとした。なぜ今回ポルシェが……? そんな筆者の疑問に対する同社の関係者の答えを要約すると以下のようになる。

・ポルシェの愛好家には、ニッチな性質を魅力と感じる人や他者とは違うものを求める人が少なくない。
・希少なモデルを投入することは、今後の商品企画の方向性を知る手段としても有効だ。

このように、あえてニッチな車型の新型車を出すことは、今後のマーケットを探るうえでも大切であるというコメントが聞かれた。

筆者としては、もうひとつの疑問もわいてきた。広いラゲッジスペースを重視するユーザーには「カイエン」で対応可能だと思われるが、なぜシューティングブレークを追加するのだろうか? それを解く答えを与えてくれたのは、ブースにいたスウェーデン法人の担当者だった。彼は「SUVがトレンドであるとはいうものの、自国ではボルボやアウディのワゴン車の販売も好調だ」と語ったうえで、「車高が高いSUVを嫌い、よりスポーティーなモデルを求める層は、確実に存在する」と答えた。

今まで、ハイウエストのビキニのごとく流行(はや)りそうで流行らないシューティングブレークだったが、あまりにも多くの腰高なSUVやクロスオーバーが路上に出回るようになると、その反動でいよいよ出番となるかもしれない。

ジュネーブモーターショーに出展された、「ポルシェ・パナメーラ」の派生モデル「パナメーラ スポーツツーリスモ」。
ジュネーブモーターショーに出展された、「ポルシェ・パナメーラ」の派生モデル「パナメーラ スポーツツーリスモ」。
「パナメーラ スポーツツーリスモ」のルーフラインは、ワゴン車のように後方に延長されている。
「パナメーラ スポーツツーリスモ」のルーフラインは、ワゴン車のように後方に延長されている。
ラゲッジスペースの容量は、4ドアサルーンの「パナメーラ」よりも25リッター多い520リッター。
ラゲッジスペースの容量は、4ドアサルーンの「パナメーラ」よりも25リッター多い520リッター。
「ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ」の全長は5049mm。
「ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ」の全長は5049mm。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事