ホンダ、フリード他にハイブリッドを新規投入

2011.10.03 自動車ニュース

ホンダ、「インサイト」と「フリード」に新たなハイブリッドモデル投入

本田技研工業は2011年10月1日、「フリード/フリードスパイク」および「インサイト」に新たなハイブリッドモデルを追加することを明示。ティザーサイトを公開した。

同社は、今秋にもコンパクトミニバンの「フリード」とその派生モデル「フリードスパイク」に、新たに1.5リッターエンジンをベースとするハイブリッドモデルが投入する。
これまでのパワーユニットは、いずれも1.5リッターのガソリンエンジンのみ。これが初のハイブリッドモデルとなる。

同様に、1.3リッターエンジン+モーターのハイブリッドシステムを採用する「インサイト」にも、1.5リッターエンジンをベースとする「インサイト エクスクルーシブ」が追加されることになった。

ホンダのハイブリッドカーは現在、1.3リッターエンジンをベースとする「フィットハイブリッド」「フィットシャトルハイブリッド」「インサイト」の3モデルと、1.5リッターエンジンをベースとする「CR-Z」の、4モデル構成。今回追加されるパワーユニットが「CR-Z」のものと全く同一であるかは定かでないが、よりパワフルでゆとりのあるハイブリッドカーの選択肢が増えることになる。

(webCG 関)

今回公開された、「フリードハイブリッド/フリードスパイクハイブリッド」のティザーサイト。
今回公開された、「フリードハイブリッド/フリードスパイクハイブリッド」のティザーサイト。
こちらは、「ホンダ・インサイト」の新グレード。「インサイト エクスクルーシブ」という新たな車名で呼ばれるもよう。
こちらは、「ホンダ・インサイト」の新グレード。「インサイト エクスクルーシブ」という新たな車名で呼ばれるもよう。
「ホンダ・インサイト」全体図。写真は1.3リッターエンジンをベースとする既存のもの。
「ホンダ・インサイト」全体図。写真は1.3リッターエンジンをベースとする既存のもの。

関連キーワード:
インサイトフリードホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.20 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、走りの質を高めるチューニングが施されたコンプリートカー「モデューロX」が登場。「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」と、すべてのモデューロX車をテストしてきた河村康彦が、その出来栄えを報告する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • デトロイトショー2018(その1) 2018.1.17 画像・写真 本田技研工業は2018年北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2018年1月14日~28日)で、新型ハイブリッドセダン「インサイト」のプロトタイプモデルを世界初公開した。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る