ホンダ、フリード他にハイブリッドを新規投入

2011.10.03 自動車ニュース

ホンダ、「インサイト」と「フリード」に新たなハイブリッドモデル投入

本田技研工業は2011年10月1日、「フリード/フリードスパイク」および「インサイト」に新たなハイブリッドモデルを追加することを明示。ティザーサイトを公開した。

同社は、今秋にもコンパクトミニバンの「フリード」とその派生モデル「フリードスパイク」に、新たに1.5リッターエンジンをベースとするハイブリッドモデルが投入する。
これまでのパワーユニットは、いずれも1.5リッターのガソリンエンジンのみ。これが初のハイブリッドモデルとなる。

同様に、1.3リッターエンジン+モーターのハイブリッドシステムを採用する「インサイト」にも、1.5リッターエンジンをベースとする「インサイト エクスクルーシブ」が追加されることになった。

ホンダのハイブリッドカーは現在、1.3リッターエンジンをベースとする「フィットハイブリッド」「フィットシャトルハイブリッド」「インサイト」の3モデルと、1.5リッターエンジンをベースとする「CR-Z」の、4モデル構成。今回追加されるパワーユニットが「CR-Z」のものと全く同一であるかは定かでないが、よりパワフルでゆとりのあるハイブリッドカーの選択肢が増えることになる。

(webCG 関)

今回公開された、「フリードハイブリッド/フリードスパイクハイブリッド」のティザーサイト。
今回公開された、「フリードハイブリッド/フリードスパイクハイブリッド」のティザーサイト。
こちらは、「ホンダ・インサイト」の新グレード。「インサイト エクスクルーシブ」という新たな車名で呼ばれるもよう。
こちらは、「ホンダ・インサイト」の新グレード。「インサイト エクスクルーシブ」という新たな車名で呼ばれるもよう。
「ホンダ・インサイト」全体図。写真は1.3リッターエンジンをベースとする既存のもの。
「ホンダ・インサイト」全体図。写真は1.3リッターエンジンをベースとする既存のもの。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インサイトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る