ホンダ、フリード他にハイブリッドを新規投入

2011.10.03 自動車ニュース

ホンダ、「インサイト」と「フリード」に新たなハイブリッドモデル投入

本田技研工業は2011年10月1日、「フリード/フリードスパイク」および「インサイト」に新たなハイブリッドモデルを追加することを明示。ティザーサイトを公開した。

同社は、今秋にもコンパクトミニバンの「フリード」とその派生モデル「フリードスパイク」に、新たに1.5リッターエンジンをベースとするハイブリッドモデルが投入する。
これまでのパワーユニットは、いずれも1.5リッターのガソリンエンジンのみ。これが初のハイブリッドモデルとなる。

同様に、1.3リッターエンジン+モーターのハイブリッドシステムを採用する「インサイト」にも、1.5リッターエンジンをベースとする「インサイト エクスクルーシブ」が追加されることになった。

ホンダのハイブリッドカーは現在、1.3リッターエンジンをベースとする「フィットハイブリッド」「フィットシャトルハイブリッド」「インサイト」の3モデルと、1.5リッターエンジンをベースとする「CR-Z」の、4モデル構成。今回追加されるパワーユニットが「CR-Z」のものと全く同一であるかは定かでないが、よりパワフルでゆとりのあるハイブリッドカーの選択肢が増えることになる。

(webCG 関)

今回公開された、「フリードハイブリッド/フリードスパイクハイブリッド」のティザーサイト。
今回公開された、「フリードハイブリッド/フリードスパイクハイブリッド」のティザーサイト。
こちらは、「ホンダ・インサイト」の新グレード。「インサイト エクスクルーシブ」という新たな車名で呼ばれるもよう。
こちらは、「ホンダ・インサイト」の新グレード。「インサイト エクスクルーシブ」という新たな車名で呼ばれるもよう。
「ホンダ・インサイト」全体図。写真は1.3リッターエンジンをベースとする既存のもの。
「ホンダ・インサイト」全体図。写真は1.3リッターエンジンをベースとする既存のもの。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インサイトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2015.4.15 試乗記 10年ぶりに登場した新型「ホンダ・レジェンド」に試乗。ホンダの誇る最高級セダンの実力を確かめるとともに、その課題を探った。
ホームへ戻る