第9回:毎日が楽しくなるクルマです!
インポーターに聞きました~MINI編~

2017.03.23 JAIA輸入車試乗会2017
 
第9回:毎日が楽しくなるクルマです!インポーターに聞きました~MINI編~の画像

セールスの好調がとどまるところを知らないMINI。ディーゼルモデルのラインナップを充実させた2016年を振り返るとともに、2017年の新モデル投入プランについても話を聞いた。

MINIの好調を支える「MINIクラブマン」。写真は2017年1月に設定されたホットモデル「ジョンクーパーワークス クラブマン」。
MINIの好調を支える「MINIクラブマン」。写真は2017年1月に設定されたホットモデル「ジョンクーパーワークス クラブマン」。
2017年2月23日に発表された新型「MINIクロスオーバー」。宣言(?)どおり、PHEVモデルの「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」も設定された。
2017年2月23日に発表された新型「MINIクロスオーバー」。宣言(?)どおり、PHEVモデルの「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」も設定された。
撮影に応じていただいたのはBMWジャパン広報部のチャーリーン・イードゥさん。「オーナーになると本当に毎日が楽しいですよ。どうですか?」と、記者にもおすすめしていただきました。
撮影に応じていただいたのはBMWジャパン広報部のチャーリーン・イードゥさん。「オーナーになると本当に毎日が楽しいですよ。どうですか?」と、記者にもおすすめしていただきました。

――昨年(2016年)の日本市場における販売状況はいかがでしたか?

MINIにとっては、すごくいい一年でした。2万台の販売台数を突破した2015年が素晴らしかったんですが、昨年はさらに大幅増となる2万4548台を販売することができたんですよ。

――現在、販売が好調なモデル、またイチオシはどのモデルですか?

売れ行きが特に好調なのは「MINI 5ドア」と「MINIクラブマン」です。ドアの多いモデルが引っ張ってくれている感じです。またクリーンディーゼルエンジンの人気が高くて、MINIの販売台数の約半分がディーゼルエンジン搭載モデルなんですよ。すごいと思いませんか。

――今年導入を予定している車種や、注目の車種はありますか。可能ならば大まかな導入時期も教えてください。

今年は2月に「MINIクロスオーバー」をフルモデルチェンジします。今回は導入して初めてのフルモデルチェンジとなりますが、SUV色をさらに高めるとともに、プレミアム感を出し、上級なMINIを演出しました。あと、PHEVモデルもあるんですよ。あ、これは正式発表されるまでヒミツです(笑)。(編集部注:このインタビューは2017年2月1日に行いました)

――全国のwebCG読者へ一言、2017年の活動をアピールしてください。

MINIクロスオーバーがフルモデルチェンジすることで、すべてのモデルが新世代モデルになります。クラシカルな雰囲気を残しつつ、現代風にアレンジした新世代のMINIの、走りとデザインを楽しんでください。今年もMINIは楽しいですよ!

(インタビューとまとめ=webCG 藤沢 勝/写真=峰 昌宏、BMWジャパン、webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事