ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)

サーキットが鍛えたヨーロピアン・ライド 2017.03.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。

「モデューロ」と「モデューロX」

ホンダファンやホンダ車オーナーにとって、モデューロはおなじみの名前だ。ホンダの100%子会社であるホンダアクセスが手がける純正カスタマイズブランドで、スポーティーな走りやスタイリッシュなデザインを求めるユーザーに向けて、さまざまなアイテムを提供している。一方、日本で人気のレース「SUPER GT」で、その名前を冠したGTマシンを目のあたりにしてきた私の中では、モデューロはモータースポーツのイメージが強い。実際、レースから得られるノウハウが市販のカスタムパーツに生かされているといい、ホンダ直系ならではの信頼性や安心感とあいまって、カスタム好きにとって目が離せないのがモデューロなのだ。

そこで得られた経験をもとに、ホンダ車を知り尽くした彼らがトータルコーディネートするコンプリートカーがモデューロX。スポーティーさだけを追い求めるのではなく、パフォーマンス、デザイン、コンフォートの3つを高い次元までの磨き上げることで、走る楽しさを提供しようというのが、モデューロXのゴールだという。

2012年の「N-BOXモデューロX」に続き、2015年には「N-ONEモデューロX」を送り出した彼らが、その第3弾として2016年に投入したのが「ステップワゴン モデューロX」。日本のファミリーを支えてきた5ナンバークラスのミニバンが、モデューロのデザイナーやエンジニアの手により、果たしてどう進化したのだろうか?

→モデューロXの詳しい情報はこちら

「モデューロX」とはホンダアクセスが手がけたコンプリートモデルであり、カスタマイズカーでありながら、通常のホンダディーラーで新車で購入することができる。
「モデューロX」とはホンダアクセスが手がけたコンプリートモデルであり、カスタマイズカーでありながら、通常のホンダディーラーで新車で購入することができる。
「ステップワゴン モデューロX」のインストゥルメントパネルまわり。9インチの大型ナビや、本革巻きのステアリングホイールとシフトセレクター、ピアノブラック調のダッシュボードパネルが目を引く。
「ステップワゴン モデューロX」のインストゥルメントパネルまわり。9インチの大型ナビや、本革巻きのステアリングホイールとシフトセレクター、ピアノブラック調のダッシュボードパネルが目を引く。
今回のテストでは「ステップワゴン モデューロX」に加え、比較用に同車のベースモデルとなった「ステップワゴン スパーダ」にも試乗した。
今回のテストでは「ステップワゴン モデューロX」に加え、比較用に同車のベースモデルとなった「ステップワゴン スパーダ」にも試乗した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ステップワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る