トヨタとNTTが未来のクルマ社会に向けての協業に合意

2017.03.27 自動車ニュース

トヨタ自動車と日本電信電話(NTT)は2017年3月27日、トヨタが保有する「自動車に関する技術」とNTTグループ各社が保有する「ICTに関する技術」を組み合わせ、コネクティッドカー分野での技術開発・技術検証およびそれらの標準化を目的に協業することを発表した。

今回の協業の対象となるのは、(1)ビッグデータの収集・蓄積や収集したデータの分析基盤を構築・運用するための技術の創出、(2)クルマのユースケースを想定したビッグデータを確実かつ安全に集配信するための、グローバルインフラのネットワークトポロジーやデータセンターの最適配置などの検討、(3)クルマのユースケースにおける最適な移動通信システムのあり方の検討や接続検証を通じた、5Gの自動車向け次世代通信技術標準化の推進、エッジコンピューティング技術の適用性の検証、(4)人工知能を活用した車内外の環境理解による運転アドバイスや音声インタラクション技術等の組み合わせによる、ドライバーに快適なサービスを提供するための技術(エージェント)の開発、の4つの分野。

トヨタとNTTグループ(NTT、NTTデータ、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ)各社は、それぞれが持つ技術やノウハウを共有し、クルマから得られるビッグデータを活用することによって、事故や渋滞など社会が直面しているさまざまな課題の解決や、新たなモビリティーサービスの提供に必要となる技術の研究開発に共に取り組むことで、将来の持続可能なスマートモビリティー社会の実現を目指すとしており、コネクティッドカー分野における代表的なサービスの実現可能性やサービス性の評価のため、2018年に実証実験を行う予定。

(webCG)

 
トヨタとNTTが未来のクルマ社会に向けての協業に合意の画像

関連キーワード:
トヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事