クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)

やりすぎない美学 2017.04.01 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。

ポジショニングはきっちりと

webCG編集部Fさんからクルマをバトンタッチした。ふだん「ゴルフGTI」を愛用している彼に、初めて乗る新型S3スポーツバックの感想を聞くと、「軽くてイイですねえ」と感心して言った。

ゴルフクラスのアウディ、「A3」シリーズにマイナーチェンジが施され、S3にも小変更が加えられた。フロントグリルが六角形になり、LEDヘッドランプの表情が涙目から切れ長になった。内装では、計器盤でカーナビの地図が見られるなど、最新のドライブインターフェイスを備えた“バーチャルコックピット”が付いた。

パワートレインでは2リッター4気筒ターボがパワーアップした、といっても285psから290psへの微増で、38.8kgmのトルクは変わっていない。実質的な変更はSトロニックが6段から7段になったことだろう。

ノーマルでは飽き足らない人の、高性能A3がS3である。本国では3ドアやカブリオレもあるが、日本仕様の品ぞろえはA3と同じく、5ドア(スポーツバック)と4ドアセダン。290psの2リッター+4WDだから、ゴルフでいうと、220psのGTIを飛び越えて、“R”相当といえる。

昨年、ゴルフはニュルブルクリンクFF市販車最速を狙った265psのGTIクラブスポーツを限定販売したが、アウディの“3”には、「RS 3」という別格のトップガンが君臨している。あくまで控えめに、上品に見せておいて、実はしっかりフォルクスワーゲンにマウンティングしているのがアウディである。

「アウディS3」は、アウディのCセグメントモデル「A3」の高性能グレード。セダンとハッチバックの両方のボディータイプが用意される。
「アウディS3」は、アウディのCセグメントモデル「A3」の高性能グレード。セダンとハッチバックの両方のボディータイプが用意される。拡大
インテリアの意匠についてはベーシックな「A3」と大きな違いはない。ダッシュボードにはマットな質感のアルミ調装飾パネルがあしらわれる。
インテリアの意匠についてはベーシックな「A3」と大きな違いはない。ダッシュボードにはマットな質感のアルミ調装飾パネルがあしらわれる。拡大
「S3」には、他のグレードではオプション扱いとなるデジタルメーターの「バーチャルコックピット」が標準装備される。(写真をクリックすると、各種表示が見られます)
「S3」には、他のグレードではオプション扱いとなるデジタルメーターの「バーチャルコックピット」が標準装備される。(写真をクリックすると、各種表示が見られます)拡大
2017年1月にマイナーチェンジモデルの販売が開始された「アウディA3」。高性能版の「S3」も、エンジンの出力アップやトランスミッションの多段化といった改良を受けた。
2017年1月にマイナーチェンジモデルの販売が開始された「アウディA3」。高性能版の「S3」も、エンジンの出力アップやトランスミッションの多段化といった改良を受けた。拡大
注目の記事PR
  • 「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった!
    「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった! レンジローバー特集
注目の記事一覧へ

スポーティーかつ上質

前述ゴルフGTIオーナーの言うとおり、S3の魅力はまず“軽さ”である。車重の軽さではない、走りの軽さだ。

1520kgの車重は「A3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ」より60kg重いが、吸気ポートとシリンダー内、両方で噴射するダブルインジェクションの2リッター4気筒ターボは、一気に100psのパワーアップを果たしている。加えて、Sトロニックのギア比とファイナルレシオは、トータルだと“加速寄り”にチューンされている。ノーマルだって十分すぎるほど快速なのだから、S3が速いのは当然だが、かといって、290psのフルタイム四駆ホットハッチ! と肩を怒らせたようなところはみじんもない。

そんなチューニングのキャラクターはシャシーもまったく一緒である。プラス100psに対処した足まわりにも、ドテッとした重さがないのがうれしい。ドライブセレクトを最もスポーティーな“ダイナミック”にしても、乗り心地は快適さを失わないし、電動パワステの爽やかな軽さも大きくは変わらない。

機械を研ぎに研いだ先にたどり着いたような走りの軽さは、ノーマルA3でも、ゴルフGTIやRでも得られない。スポーツ性と上質さをこれほど高い水準で両立させているコンパクトカーは、ほかには「BMW M140i」くらいだろう。着心地の軽い高級ジャケットのようなクルマである。

「S3」のフルタイム4WD機構は、前後軸間に加え、EDB(エレクトロニックディファレンシャルロックシステム)によって左右輪の間でのトルク配分を制御する機能も備わっている。
「S3」のフルタイム4WD機構は、前後軸間に加え、EDB(エレクトロニックディファレンシャルロックシステム)によって左右輪の間でのトルク配分を制御する機能も備わっている。拡大
「S3」に搭載される2リッター直4直噴ターボエンジン。「2.0 TFSIクワトロ」より100ps高い290psの最高出力と、6.2kgm大きい38.8kgmの最大トルクを発生する。
「S3」に搭載される2リッター直4直噴ターボエンジン。「2.0 TFSIクワトロ」より100ps高い290psの最高出力と、6.2kgm大きい38.8kgmの最大トルクを発生する。拡大
センターコンソールには、7段化された「Sトロニック」のシフトセレクターや、インフォテインメントシステムのコントローラーなどが備わる。
センターコンソールには、7段化された「Sトロニック」のシフトセレクターや、インフォテインメントシステムのコントローラーなどが備わる。拡大
「S3」には、操舵量に応じて累進的にギアレシオが変わる「プログレッシブステアリング」が装備される。
「S3」には、操舵量に応じて累進的にギアレシオが変わる「プログレッシブステアリング」が装備される。拡大

やりすぎないのが“S”の芸風

S3は、A3とまったく同様に普段使いができるクルマだが、やはり一番“S3甲斐”を感じたのは、行きつけのワインディングロードを走ったときだった。すばらしく速い。スポーツ走行時の自在な楽しさは、アウディのなかでは「S1」と双璧だと思う。ペースを上げるほどボディーがコンパクトに感じられる“タイプ”で、そんな走り方をしている最中も、上質さは失われない。

パワートレイン/ステアリング/ダンパーなどの特性をセットで切り替えるドライブセレクトは、オートのほかに硬軟3種類が選べる。

ドライビングを楽しむなら、ぜひ“ダイナミック”にしたい。アクセルやステアリングの反応が鋭くなる。風船が割れるような回転落ちの速さが特に気持ちいい。排気音は、うるさくない範囲でスポーティーになる。こうしたドライブモード切り替えで最強を選ぶと、周囲や助手席のひんしゅくを買うほどをうるさくなるクルマもあるが、そこまでハジけないのが“S”の芸風だ。リゾートホテルのプールサイドで靴下を履いているのは、必ずドイツ人である。

「S3」には5つの走行モードを備えた「アウディドライブセレクト」が搭載されており、選択されたモードに応じてパワーステアリングのアシスト量やエンジンおよびトランスミッションの制御が切り替わる。
「S3」には5つの走行モードを備えた「アウディドライブセレクト」が搭載されており、選択されたモードに応じてパワーステアリングのアシスト量やエンジンおよびトランスミッションの制御が切り替わる。拡大
シートはブラックのモノトーン(表皮はクロスとレザーのコンビタイプ)が標準。赤い差し色が目を引くテスト車のシートは有償オプションである。
シートはブラックのモノトーン(表皮はクロスとレザーのコンビタイプ)が標準。赤い差し色が目を引くテスト車のシートは有償オプションである。拡大
タイヤサイズは225/40R18。ポリッシュ加工の18インチアルミホイールが組み合わされる。
タイヤサイズは225/40R18。ポリッシュ加工の18インチアルミホイールが組み合わされる。拡大

ライバルは意外にも……

筆者はマイナーチェンジ前のS3に乗ったことがない。そのかわり、RS 3は経験している。アウディスポーツGmbH特製のメガハッチだ。直線をフル加速すると、たしかに目がテンになるけれど、それ以外ではあまりにも限界が高すぎて、楽しいとは思えなかった。その点、S3は高性能を別格のかろやかさという走行品質で味わわせてくれる。

欠点は特に見当たらなかったが、約240kmを走って8.2km/リッターと、燃費はあまりよくなかった。最近乗った6.2リッターの「シボレー・コルベット」(MT)も、暇なときは片肺のV4運転をして8km/リッター台に乗った。

S3は今回のマイナーチェンジで大台を超え、606万円になった。ゴルフRのDSGが549万円だからこれくらい、ということで、つじつまは合っていると思う。
とはいえ、とくべつひと目をひく派手さはないし、ゴルフGTIほど有名じゃない。それでも、S3を指名買いする人は、A3シリーズ全体の1割ほどを占めるという。日本でもちゃんと売れるモデルなのである。

S3に興味を持つ人が、いま一番気にしている最大のライバルは、意外やプラグインハイブリッドの「A3 e-tron」ではないだろうか。加速性能はひけをとらないし、走行品質の高さも負けていない。燃費ははるかにいい。価格は40万円安い。悩んでください。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=荒川正幸/編集=堀田剛資)

「S3」は0-100km/h加速が4.8秒という動力性能と、JC08モード計測で14.7km/リッターという燃費性能を両立している。
「S3」は0-100km/h加速が4.8秒という動力性能と、JC08モード計測で14.7km/リッターという燃費性能を両立している。拡大
リアビューの特徴である、ディフューザー付きのバンパーと、左右4本出しのマフラー。
リアビューの特徴である、ディフューザー付きのバンパーと、左右4本出しのマフラー。拡大
ラゲッジルームの仕様は「2.0 TFSIクワトロ」と同じ。5人乗車の状態で390リッターの容量が確保されている。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
ラゲッジルームの仕様は「2.0 TFSIクワトロ」と同じ。5人乗車の状態で390リッターの容量が確保されている。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)拡大
ボディーカラーはテスト車に採用されていた有償色の「ナバーラブルーメタリック」を含む全10色。テーラーメイドプログラムの「アウディエクスクルーシブ」を使えば、これ以外のスペシャルカラーを選ぶこともできる。
ボディーカラーはテスト車に採用されていた有償色の「ナバーラブルーメタリック」を含む全10色。テーラーメイドプログラムの「アウディエクスクルーシブ」を使えば、これ以外のスペシャルカラーを選ぶこともできる。拡大

テスト車のデータ

アウディS3スポーツバック

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4335×1785×1440mm
ホイールベース:2630mm
車重:1520kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:290ps(213kW)/5400-6500rpm
最大トルク:38.8kgm(380Nm)/1850-5300rpm
タイヤ:(前)225/40R18 92Y/(後)225/40R18 92Y(ブリヂストン・トランザT005)
燃費:14.7km/リッター(JC08モード)
価格:606万円/テスト車=674万円
オプション装備:ボディーカラー<ナバーラブルーメタリック>(7万円)/アウディマグネティックライド(13万円)/Bang & Olufsenサウンドシステム(8万円)/アウディデザインセレクション エクスプレスレッド<ファインナッパレザー+レッドアクセントリング付きエアコン吹き出し口>(24万円)/マトリクスLEDヘッドライト+フロントダイナミックターンインジケーター(11万円)/カラードブレーキキャリパー<レッド>(5万円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:1546km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(5)/山岳路(2)
テスト距離:233.8km
使用燃料:28.4リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:8.2km/リッター(満タン法)/8.3km/リッター(車載燃費計計測値)
 

アウディS3スポーツバック
アウディS3スポーツバック拡大

関連キーワード:
S3スポーツバックアウディ試乗記

あなたにおすすめの記事