第5回:フェラーリF40

スーパーカー時代の集大成 2017.03.30 スーパーカークロニクル 1970年代から80年代にかけて隆盛を誇ったスーパーカーの時代は、サーキットと高速道路を最高のレベルで疾駆(しっく)するスーパースポーツカーの出現によって終わる。その最終章を飾るのが、この「フェラーリF40」である。

アンバランスさこそが最大の魅力

1960年代半ばに誕生した「ランボルギーニ・ミウラ」は、50~60年代の美しきスポーツカー時代に別れを告げるクルマ、すなわちスーパーカー時代の始まりを告げる節目のクルマだった。

そして、それからおよそ20年後の80年代半ば。フェラーリはグループBレース参戦を目的に「288GTO」を限定生産する。これをベースに、フェラーリ社創立40周年を記念して発売されたのがフェラーリF40であった。そしてこのF40は、70~80年代のスーパーカー時代に別れを告げ、21世紀につながるスーパースポーツカー時代の幕開けを告げる鐘でもあったと思う。

「308GT」シリーズの骨格をベースに特別仕立てされた288GTOは、結局、モータースポーツシーンに登場することなく、そういう意味では“悲劇のコレクターズアイテム”となる。それでもフェラーリ社は、その黎明(れいめい)期によくあったように、否、その頃を懐かしむように、レース×公道のミクスチュアを諦めることはなかったのだ。エンツォ・フェラーリが最後にゴーサインを出した市販車という事実にも、F40誕生に向けた原動力のありかがうかがえる。

F40はスーパーカー時代の集大成であるとともに、未来への期待と希望を内包していた。モノコック+サブフレームのミドシップレイアウトそのものは70年代スーパーカーの常とう手段である。「ディーノ」に始まったピニンファリーナのレオナルド・フィオラバンティの最終作であるスタイリングもまた、真横から見ればいかにもスーパーカー時代のフェラーリそのものであり、ロングノーズ/スモールキャビン/ハイデッキはイタリアンベルリネッタの真骨頂でもあった。

F40では、そのフィオラバンティ・シルエットに決して新しくない手法でエアロデバイスが追加されている。それはあたかもスーパーカー世代に並行して興隆したシルエットフォーミュラ(グループ5)のようであり、それゆえところどころに美的センスには不誠実なライン構成があって、逆につかみどころのない機能美をこのクルマに与えるに至った。
 
そんな、言ってみれば古いスタイリング&パッケージングにも関わらず、F40に後のスーパースポーツカー時代へと連なる未来を感じるのは、このクルマにカーボンファイバーやケブラー、アルミニウムといった、“当世流行り”の軽量素材がふんだんに使用されているからだ。

外身は古くて中身は新しい。パフォーマンスはエキセントリックながらターボ全盛時代のレーシングカーそのもので超一級。そのアンバランスさこそが時代の節目の証明であり、多くのファンを魅了してやまない要素と言っていいだろう。

 
第5回:フェラーリF40の画像
 
第5回:フェラーリF40の画像
 
第5回:フェラーリF40の画像
 
第5回:フェラーリF40の画像
 
第5回:フェラーリF40の画像
 
第5回:フェラーリF40の画像
あなたにおすすめの記事
新着記事