第1回:ランボルギーニ・カウンタックLP500S“ウルフ・カウンタック”

現在進行形の“伝説” 2017.03.29 スーパーカークロニクル スーパーカーブームの主役は「カウンタック」。そのまた頂点に君臨したのが、当時「LP500S」と呼ばれたこの“ウルフ・カウンタック”である。現オーナーの元でオリジナル状態に戻された“赤いオオカミ”が、三十余年のときを超えて、いま再び咆哮(ほうこう)する!

石油王ウォルター・ウルフの特注モデル

カウンタックの最高位。ウルフ・カウンタックは「ミウラSVR(イオタ)」と並んで、ブームの頂点に君臨した“ザ・キング・オブ・キングス”である。

生まれはオーストリアだが、カナダで名をなした石油王(その他、F1チームオーナー、建設業やたばこ、軍需産業でもその名を上げた)のウォルター・ウルフが特別に造らせた一台、と簡単に語られることが多い。けれども物語はもう少しドラマチックだ。ウルフ・カウンタックは、単なる金持ちの気まぐれ特注モデルなどではなかった。

このスペシャルなカウンタックを語るとき、ウルフ以外にもうひとり、重要な人物に登場してもらわなければならない。

ジャン・パオロ・ダラーラ。レーシングカー・コンストラクターとして、後に世界で最も成功した人物になる前の、それは若き時代の話だった。

1960年代半ば、ランボルギーニの黎明(れいめい)期にエンジニアとして加わり、ミドシップカー「ミウラ」を世に送り出したダラーラだったが、レーシングカー製作への野望を捨て切れず、一度ならず二度もサンターガタを去る。その後、ランボルギーニ社は創業者の手を離れ、セカンドオーナーの元で再建を図るわけだが、そのとき再びダラーラ(すでに自らの会社ダラーラ・アウトモビーリを設立)は社外の技術コンサルタントとして猛牛チームの一員となった。与えられた仕事のひとつが、フラッグシップであるカウンタックのエボリューション。

重いエンジン、パワー不足、細いタイヤ、プアなブレーキ、そしてエアロダイナミクスの欠如。「カウンタックLP400」は弱点だらけだ。ダラーラはそう考えた。それらを克服しようにも、当の会社にはどれほどの研究開発予算もない。妙案が友人ウルフとのコラボレーションだった。

ウルフはそのときすでに大富豪であり、フランク・ウィリアムズとヘスケスF1チームを共同で運営しさえしている。もちろん、ダラーラはそのプロジェクトのメンバーであった。しかもウルフは有名なカーコレクターであり、フェラーリも大好きだがランボルギーニも好みで、特に「ミウラSV」の大ファン、しかしカウンタックLP400のスタイルとパフォーマンスには不満たらたら、であったらしい……。

 
第1回:ランボルギーニ・カウンタックLP500S“ウルフ・カウンタック”の画像
 
第1回:ランボルギーニ・カウンタックLP500S“ウルフ・カウンタック”の画像
 
第1回:ランボルギーニ・カウンタックLP500S“ウルフ・カウンタック”の画像
 
第1回:ランボルギーニ・カウンタックLP500S“ウルフ・カウンタック”の画像
 
第1回:ランボルギーニ・カウンタックLP500S“ウルフ・カウンタック”の画像
あなたにおすすめの記事
新着記事