第6回:ランチア・ストラトス

勝利を義務付けられたスーパーラリーカー 2017.03.30 スーパーカークロニクル 「ストラトス」の鮮烈なスタイリングは、いまなお見る者から言葉を奪うほどのインパクトがある。しかしこのデザインは、見せるためのものではなく、ラリーを戦うために研ぎ澄まされたものであることを忘れてはならない。

カウンタックの異母兄弟

「カウンタック」とストラトス。ともにスーパーカーブーム世代のヒーローだが、これに「ミウラ」を加えた3台が、いずれもブーム時代にベスト5の常連だったことを思い出すと、あれは言い換えれば“ガンディーニ・ブーム”であった、と考えるほかない。

マルチェロ・ガンディーニ。スーパーカー少年の憧れを描き続けたカーデザイナー。ミウラからカウンタックまでの世代のランボルギーニデザインはすべて、彼がチーフデザイナーとしてベルトーネ在籍時代に手がけたものであり、ストラトスとカウンタックはほぼ同じタイミングで生まれた、いわば異母兄弟である。

そのことは、この2台、特に「カウンタックLP400」と「ストラトス ストラダーレ プロトタイプ」を並べて見比べてみれば明らかだ。微妙な弧を描くサイドラインやボディーサイドの膨らみ、前後オーバーハングの横の丸みなど、共通の言語があちらこちらに、想像していた以上に表れていて驚く。まるでカウンタックのSWB(ショートホイールベース)がストラトスのようである。

ストラトスの誕生もまた、現代の理解からすると、奇異なストーリーで紡がれている。当時、ヨーロッパの自動車メーカーがその威信を賭けて戦っていたのは、ラリー選手権だった。だから、販売現場の代理戦争となったラリーで勝利することだけを目的にクルマを造る可能性と必然性が、大メーカーにはあった。そこに自社の生産規模を保ちたいベルトーネ社がつけ込む。(得意とする)ミドシップで旋回性能の高いマシンを企画すれば、フィアットグループ、なかでも野心家チェザーレ・フィオリオのランチアチームが話に乗ってくる可能性は高い……。

かくして、カウンタックとほぼ同時期に、ガンディーニによってデザインされたミドシップカーコンセプトがランチアの“バトルマシン”として採用された。その心臓部には、フィオリオの強烈な政治力により、フェラーリ製V6エンジン(ディーノ用)が搭載されていた。

 
第6回:ランチア・ストラトスの画像
 
第6回:ランチア・ストラトスの画像
 
第6回:ランチア・ストラトスの画像
 
第6回:ランチア・ストラトスの画像
 
第6回:ランチア・ストラトスの画像
あなたにおすすめの記事
新着記事