第2回:ディーノ246GT

奇跡の曲線美を持つミドシップGT 2017.03.29 スーパーカークロニクル スーパーカーブームには数々の伝説がついてまわった。「ディーノ」をフェラーリと呼ばないワケもそのひとつ。そしてディーノと「ヨーロッパ」の一体どちらがナンバーワンハンドリングマシンなのか? ということも、ボクらにとっては重大な関心事だった。

フェラーリではなく「ディーノ」

今でも“直線番長”などといって、単に高出力のエンジンを積んだ高価なクルマを揶揄(やゆ)することがある。300km/hが夢のような存在だった1970、80年代となれば、そういった超お金持ちご用達マシンへの、庶民派ドライバーの対抗意識はさらに強く、圧倒的な数値(=馬力)をねじふせるツールとして、ドライバーのウデとマシンのハンドリング性能の掛け合わせは、とても有効に機能したものだ。漫画『サーキットの狼』の基本コンセプトもまさにそこにある。

その際たる例が、主人公の駆る「ロータス・ヨーロッパ」だったわけだが、ライバルの駆る「ディーノ246GT」(1969~1974)もまた、そのヨーロッパと1、2を争うハンドリングマシンであった。

フェラーリであって、フェラーリでない。事実、実車を見てもらえば、かの有名な跳ね馬のエンブレムは、オーナーが好んで付けたもの以外、見当たらないはずだ。

その奇妙な現象は、さまざまな“言い伝え”と絡んで、おとぎ話のように子供たちの好奇心を刺激した。ひとつ確実であるのは、ディーノという名前が、フェラーリ社の創始者エンツォの息子で、父の会社のエンジニアとして働きながら、志半ばで病に倒れたアルフレードの、幼い頃の愛称(アルフレード→アルフレッディーノ→ディーノ)であるということのみ。

アルフレードがエンジニアとしてフェラーリ社で担当していたのは、12気筒ではないレーシングマシンの開発であったという。その後、非12気筒のF2用V6レーシングエンジンは「ディーノユニット」と呼ばれ、サーキットシーンを席巻した。

そんな背景があって、V6エンジンをミドに積む“フェラーリ”(ちなみに、フェラーリの量産車としては初のミドシップ)を、特別にディーノ246GT(2.4リッター6気筒のグランドツアラー)と呼んだわけだが、いわく「V12を積まないクルマはフェラーリじゃない」という説から、いわく「父の息子に対する屈折した愛情表現」という説まで、その解釈は実にさまざまである。そこがまたオトナの世界を垣間見るようで、子供心に興奮したのかも知れない。

ことの真相は、ファミリーに由来のある名称を使って単に別ブランド化を試みた、というあたりだろうが、それじゃツマラナイ。

 
第2回:ディーノ246GTの画像
 
第2回:ディーノ246GTの画像
 
第2回:ディーノ246GTの画像
 
第2回:ディーノ246GTの画像
 
第2回:ディーノ246GTの画像
あなたにおすすめの記事
新着記事