第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル

フェラーリより濃いレースの血 2017.03.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。

スーパーカーブーム=怪獣ブーム?

世に言う、スーパーカーブーム。それは、子供たちを中心にして1970年代後半の日本を熱くした一大ムーブメントだった。火付け役となったのはご存じ、漫画『サーキットの狼』で、その主人公が駆っていたクルマが、このロータス・ヨーロッパ スペシャル(1972~1975)である。

スーパーカーの定義は、難しい。「ランボルギーニ・カウンタック」に代表されるドリームカーたちをそう呼ぶならば、ミドシップとはいえ、たかだか1.6リッターのエンジンを積んだヨーロッパを、スーパーカーと呼ぶのはためらわれる。クルマをちょっと知った人からすれば、時代は変われども、「トヨタMR2」とどこが違うんだ? MR2の方がパワーもあっただろ? それならアレもスーパーカーなのか? なんて話になりかねない。

けれども、いわゆるブーム世代にとって、ヨーロッパはやっぱりスーパーカーなのだ。かの漫画の主人公が勧善懲悪よろしく、非力なマシンを自在に操って、幾多の困難にもめげず、高価なドリームカーたちを蹴散らすそのストーリーに、子供たちは一喜一憂した。スーパーカーブームをウルトラマンシリーズにたとえるとすると、怪獣ブームだったのかも知れない。確かに、主人公の“敵”として登場するクルマたちのブームでもあった。
 
もちろん、ロータス・ヨーロッパというクルマに、主人公としての“器”があったことも重要なポイントだ。これが「オペルGT」や「フィアットX1/9」だったとしたら、漫画も子供たちを熱狂させるほどのリアリティーあるストーリー展開となったか、どうか。

ロータスといえば、F1を頂点とするモータースポーツシーンを席巻してきた、今なお続く名門レーシングチームである。特にこのヨーロッパが生まれた1960年代から70年代にかけては、創始者である天才エンジニア、コーリン・チャプマンがまだ存命で、進んだ“レーシング脳”のエキスの詰まった、スポーツカー史上に残るロードカーをたくさん輩出している。その名の通り、ヨーロッパは、大陸のマーケットを目指して、非常に早い段階で市販化されたミドシップカーだった。

 
第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャルの画像
 
第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャルの画像
 
第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャルの画像
 
第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャルの画像
 
第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャルの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージS(MR/6MT)【試乗記】 2013.8.24 試乗記 1.2トンのボディーに350psのV6スーパーチャージドエンジンを搭載した新型「ロータス・エキシージS」が日本上陸。その走りを箱根で試した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • 「ロータス・エヴォーラGT430」の受注がスタート 2017.8.8 自動車ニュース ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2017年8月8日、「ロータス・エヴォーラGT430」の受注を開始した。「一般公道を走行できるロータスの中で、史上最もパワフル」とうたわれるハイパフォーマンスモデルである。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • ロータス・エキシージSロードスター(MR/6AT)【試乗記】 2015.4.8 試乗記 ロータス一族の中でも特にスパルタンな「エキシージS」に、6段AT仕様が登場。硬派なハンドリングマシンとナンパな(?)自動変速機の相性を試す。
ホームへ戻る