第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7

希代の名スポーツカーのひとつの到達点 2017.03.30 スーパーカークロニクル 本来、「ポルシェ911」をスーパーカーの仲間に入れるべきではないだろう。しかしブームの真っただ中、「ロータス・ヨーロッパ」の宿敵として描かれた「ナナサンカレラ」だけは別だ。グループ4のホモロゲーションモデルの実力は、40年以上たった今もなお鮮烈だ。

どこかしゃくに触る完璧なライバル

スーパーカーブーム世代にとって、ロータス・ヨーロッパのライバルと言えば「ポルシェ911カレラRS」(1972~1973)、通称ナナサンカレラである。

ロータス・ヨーロッパを駆る主人公が、ナナサンカレラでオンリーポルシェの暴走族を率いる永遠のライバルと出会うところから、漫画『サーキットの狼』の物語は始まった。

ストーリー展開のなかで子供心に植え付けられたのは、ことあるごとに強調される、ポルシェが創り出すクルマのスポーツカーとしての由緒正しさというか、資質の高さだった。パフォーマンスでは常に時代の先頭を走り、しかもその実力はほとんどの場合、スペックが保証されているも同然。安定した性能発揮という点ではまさにジャーマンプロダクトの極みであり、イタリアンスーパーカーの出ばなをくじくに十分な存在の強さを、子供心に理解したものだ。だからこそ、どこか憎たらしかったし、しゃくにも触ったしで、その複雑な気持ちの裏返しが、主人公をいっそう応援したい感情につながったのではあるまいか。筆者だけかもしれないが……。

ポルシェ911という希代の名スポーツカーの、しかもレースホモロゲーション用(グループ4)の強力なスペシャルモデルを、主人公ではなくライバルの愛機としたところに、漫画家・池沢早人師のセンスというか、スポーツカーへの理解というか、未来への洞察力が見て取れよう。ポルシェ911の実力を知りつくし、身をもって経験していたのが、当の本人だったというわけだ。

ナナサンカレラは、今では数ある名スポーツカーのなかでも、またポルシェ911シリーズのなかでも、トップクラスのコレクターズアイテムとして高価で取引されている。近年、ナロー以前のポルシェが軒並みマーケットプライスという名の評価を上げているが、ナナサンカレラの地位は不変。「ディーノ」よりも登場がずいぶん遅かったにもかかわらず、その評価はディーノ並みか、それ以上だ。特にポルシェファナティックにとっては、911の最高にアイコニックな存在であると言っていい。 

 
第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7の画像拡大
 
第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7の画像拡大
 
第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7の画像拡大
 
第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7の画像拡大
 
第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
  • ホンダS660モデューロX(MR/6MT)【試乗記】 2018.7.20 試乗記 ホンダの軽オープンスポーツ「S660」に、走りの質を高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場。ベースモデルと比べてお値段ざっと1.3倍、シリーズ初となるスポーツカーの出来栄えやいかに!?
  • ポルシェ・パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.18 試乗記 電動パワートレインを搭載した、“シューティングブレーク”スタイルの高性能ツアラー「ポルシェ・パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。ラインナップ拡充と電動化を推し進める今日のポルシェを象徴するかのような一台に、リポーターは何を感じたか?
ホームへ戻る