メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)

クーペがあってもいいじゃないか 2017.04.05 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。

クロスオーバーに新たな選択肢

ここのところのクーペのようなSUVの元祖はなんだろう? どこからがクーペルックかという定義が曖昧なため、はっきりとこれが元祖だと決めづらいが、2008年に「BMW X6」が登場した時、その姿が新鮮で、カッコよくてうなったのを覚えている。同じ08年にランドローバーが「LRX」というコンセプトカーを出した。後に「レンジローバー イヴォーク クーペ」として市販されるわけだが、こっちは3ドアだったので、よりクーペとSUVが掛け合わせられた感が強かった。乗ってみたらほんとにクーペ並みに後席が狭かった。

その後、同じように3ドアSUVの「MINIペースマン」が登場した。10年くらい前からそうしたカテゴライズの難しいクルマを表現するのに便利な“クロスオーバー”という言葉がよく使われるようになり、いくつかのクルマの車名にも用いられた。なんでもあり時代の幕開けである。

そして、メルセデス・ベンツもクロスオーバー・ジャンルに参入した。まず16年に「GLE」ベースの「GLEクーペ」を日本導入し、17年2月に今回試乗したGLCベースのGLCクーペを日本導入した。GLEクーペが出た際、一般的に保守的とされるメルセデスもか……と思ったが、今やメルセデスは、エンジン横置きのNGCC(ニュー・ジェネレーション・コンパクト・カーズ)をずらりと展開するほか、「CLA」と「CLS」という大小のいわゆる4ドアクーペをラインナップし、さらにそのワゴン版たるシューティングブレークを追加するなど、最もバリエーション豊かなモデル構成をもつブランドであり、いわゆるクーペSUVを出したってなんの不思議もないなとすぐに思い直した。

メルセデスこそなんでもあり時代のトップランナーだ。歴史あるブランドだけにそのことで失ったファンもいるだろうが、それ以上に新しいファンを獲得する戦略を取ったということだろう。

GLCクーペのデザイン手法は他ブランドのクーペSUVと同じで、ショルダーラインより下はSUVのままで、グラスエリアがクーペルックという成り立ち。どこが? と問われると困るのだが、どことなくこなれておらず、BMWのX偶数シリーズほどにはうまくいっていないように見える。まじめな課長のカジュアルフライデーっぽい。

ただし、これは僕が“メルセデスはこうあるべきだ”という古臭いフィルターを通して見ているだけのことかもしれない。取りあえずここは、近頃の複雑な自動車デザインは初見で気に入らなくても、一定の時間がたってからあらためて見るとカッコよく見えることもよくあるので、もう少し時間をかけて評価したいと逃げておこう。真後ろから見るとストームトルーパーっぽいんだよな。

「GLCクーペ」はメルセデス・ベンツのSUVとして7番目にあたるモデル。今回のテスト車「GLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)」の価格はオプションを含め791万9000円。
「GLCクーペ」はメルセデス・ベンツのSUVとして7番目にあたるモデル。今回のテスト車「GLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)」の価格はオプションを含め791万9000円。
なだらかな弧を描くルーフラインが印象的なクーペスタイル。
なだらかな弧を描くルーフラインが印象的なクーペスタイル。
垂直に切り立ったダイヤモンドフロントグリルはメルセデスクーペのトレードマーク。
垂直に切り立ったダイヤモンドフロントグリルはメルセデスクーペのトレードマーク。
エキゾーストエンドを一体化したバンパーラインやディフューザー形状のアンダーガードもスポーティーなイメージに仕上げられている。
エキゾーストエンドを一体化したバンパーラインやディフューザー形状のアンダーガードもスポーティーなイメージに仕上げられている。
シフトレバーをリバースに入れると、リアエンブレム部に内蔵されたバックカメラが作動し、モニターに後方映像が映し出される仕組みになっている。
シフトレバーをリバースに入れると、リアエンブレム部に内蔵されたバックカメラが作動し、モニターに後方映像が映し出される仕組みになっている。
関連記事
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
ホームへ戻る