新型「アウディR8スパイダー」が日本上陸

2017.03.28 自動車ニュース
「アウディR8スパイダー」
「アウディR8スパイダー」

アウディ ジャパンは2017年3月28日、フラッグシップスポーツカーのオープントップモデル「R8スパイダー」の新型を発表した。同年7月上旬に販売を開始する。

 
新型「アウディR8スパイダー」が日本上陸の画像
ルーフの開閉動作は、オープン/クローズともに約20秒で行われる。50km/hであれば、走行中でも操作可能。
ルーフの開閉動作は、オープン/クローズともに約20秒で行われる。50km/hであれば、走行中でも操作可能。
ドライバーの操作を優先した“モノポストデザイン”が採用された、「R8スパイダー」のインテリア。
ドライバーの操作を優先した“モノポストデザイン”が採用された、「R8スパイダー」のインテリア。
ハンドル位置は写真の左のほか、右も選択できる。
ハンドル位置は写真の左のほか、右も選択できる。

日本では、2010年に初代モデルが発売された、R8スパイダー。その2代目が、新型「R8」(クーペ)よりも1年遅れで日本上陸を果たした。

エクステリアは、ボディーサイドの“サイドブレード”や、左右それぞれに37個ものLEDを備えたLEDマトリックスヘッドライトが特徴。LED式のリアコンビランプの間にハニカムグリルを装着することで、クーペとの差別化が図られている。

油圧電動式のソフトトップは遮音性に優れたクロス製で、フレームの素材はアルミニウムと鋳造マグネシウム。トップコンパートメントカバーは炭素繊維強化樹脂(CFRP)製となっている。ルーフの開閉に要する時間は約20秒。50km/h以下であれば、走行中も開閉が可能だ。一方、基本骨格にはアルミニウムとCFRPを組み合わせた新世代のアウディスペースフレーム(ASF)を採用することで、ねじり剛性を先代モデル比で50%向上させたという。

キャビン後方に搭載されるエンジンは、最高出力540ps、最大トルク540Nm(55.1kgm)を発生する自然吸気の5.2リッターV10のみ。低負荷時にはエンジンの片バンクを休止させるシリンダーオンデマンド(COD)や、アクセルオフの際にエンジンを駆動系から切り離すコースティングモードを備え、高い燃費性能を実現したとアピールされる。トランスミッションは7段AT(Sトロニック)で、駆動方式は4WD。

新型R8スパイダーの価格は、2618万円。ハンドル位置は左右両方が用意される。

(webCG)

→「アウディR8スパイダー」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
R8スパイダーアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.8.23 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった「R8スパイダー」に試乗。自然吸気のV10エンジンを搭載するアウディの最上級オープンはどんな走りを見せるのか。先代との比較を交えつつ、その印象を報告する。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
ホームへ戻る