第495回:「トヨタ・プリウス」も真っ青!
ヒュンダイのエコカーは欧州でなぜ売れる?

2017.03.31 マッキナ あらモーダ!

意外に売れてる“プリウスキラー”

先日イタリアでクルマを運転していると、見慣れないクルマとすれ違った。ふと考えてから、「おーっ!」と声を上げてしまった。「ヒュンダイ・アイオニック」である。 

2016年1月にデビューするや、たちまちメディアから“プリウスキラー”の異名が与えられた、ヒュンダイ渾身(こんしん)の環境対応車だ。本エッセイの第440回で紹介した通り、ひとつのモデルでハイブリッド/プラグインハイブリッド、そしてEVをそろえたことでも話題を呼んだ。そのアイオニックが、ボクが住むようなイタリアの地方都市でも、いよいよ走り始めたか。

家に帰り、どのくらい売れているのか調べてみて驚いた。

2017年1月の欧州における販売台数を見ると、アイオニックは1540台で、「トヨタ・プリウス」の1272台を上回っているではないか。

次にEV版である「アイオニック エレクトリック」のみの数字を見る。昨2016年は通年で4005台を販売している。「日産リーフ」の1万8391台からすると4分の1以下であるものの、「フォルクスワーゲンe-up!」(2579台)をはじめとする他車を大きく引き離していた(データはいずれもJATO Dynamics調べ)。

いったいどのように販売されているのか? 興味を持ったボクは、ヒュンダイの販売店をのぞいてみることにした。

「ヒュンダイ・アイオニック ハイブリッド」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4470×1820×1460mm。「プリウス」より短く、幅広く、わずかに低い。パワーユニットは、1.6リッターエンジン+32kWモーターで最高出力141hpを発生(プリウスは1.8リッターエンジン+53kWモーターで同122hp)。「回生ブレーキの作動に高度なアルゴリズムが生かされている」点もセリングポイント。
「ヒュンダイ・アイオニック ハイブリッド」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4470×1820×1460mm。「プリウス」より短く、幅広く、わずかに低い。パワーユニットは、1.6リッターエンジン+32kWモーターで最高出力141hpを発生(プリウスは1.8リッターエンジン+53kWモーターで同122hp)。「回生ブレーキの作動に高度なアルゴリズムが生かされている」点もセリングポイント。
「アイオニック ハイブリッド」の燃費は欧州複合モードで1リッターあたり25.6kmと、「プリウス」より劣る。
「アイオニック ハイブリッド」の燃費は欧州複合モードで1リッターあたり25.6kmと、「プリウス」より劣る。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事