日産と横浜DeNAベイスターズが新たなスポンサー契約を締結

2017.03.29 自動車ニュース
「日産リーフ」のリリーフカー。
「日産リーフ」のリリーフカー。

日産自動車とプロ野球セントラル・リーグの横浜DeNAベイスターズは2017年3月29日、2017年シーズンより新たなスポンサー契約を結ぶと発表し、ベイスターズの本拠地である横浜スタジアムで記者発表会を行った。

あいさつに立った日産の星野朝子専務執行役員。「リーフ」を選んだ理由は、横浜でつくられているためで、リリーフと似ているからではないそうだ。写真左の「日産Be-1」は、1987年にリリーフカーとして使用されていた車両。
あいさつに立った日産の星野朝子専務執行役員。「リーフ」を選んだ理由は、横浜でつくられているためで、リリーフと似ているからではないそうだ。写真左の「日産Be-1」は、1987年にリリーフカーとして使用されていた車両。
写真左からアレックス・ラミレス監督、DeNAベイスターズの岡村信悟社長、日産の星野朝子専務、筒香嘉智選手、山﨑康晃選手。バックスクリーンの上の看板には「電気自動車は、技術の日産。」、レフト側照明塔の看板には「一台入魂」、写真にはないが、ライト側には「横浜生まれ」と記されている。
写真左からアレックス・ラミレス監督、DeNAベイスターズの岡村信悟社長、日産の星野朝子専務、筒香嘉智選手、山﨑康晃選手。バックスクリーンの上の看板には「電気自動車は、技術の日産。」、レフト側照明塔の看板には「一台入魂」、写真にはないが、ライト側には「横浜生まれ」と記されている。

 

日産と横浜DeNAベイスターズが新たなスポンサー契約を締結の画像

新たなリリーフカーを提供

今回の契約では、日産からベイスターズにリリーフカーとして電気自動車の「リーフ」が提供されるほか、横浜スタジアムのバックスクリーンの上と、レフト側、ライト側の照明塔にそれぞれ日産の広告看板が設置される。バックスクリーンの上に日産の看板が設置されるのは、日本シリーズを制覇した横浜ベイスターズ時代の1998年以来だという。

横浜DeNAベイスターズの岡村信悟社長は「同じ横浜を発祥とする日産からのサポートを受けられるのはうれしい。一緒にこの街を盛り上げていきたい」と述べた。また、日産の星野朝子専務執行役員は「リーフは主要な部品を横浜で生産し、追浜工場で組み立てているクルマ。ぜひ横浜スタジアムで活躍してほしい」と語った。

発表会にはアレックス・ラミレス監督とともに、2016年に打点と本塁打の二冠を獲得した筒香嘉智選手、クローザーの山﨑康晃選手も登場。ラミレス監督は「生まれ育ったベネズエラでも、プロ野球選手となったアメリカでも、日産のクルマはよく目にしていた。日産のクルマで優勝パレードをしたい」と力強く宣言した。

(webCG)

 

関連キーワード:
リーフ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
ホームへ戻る