「ルノー・カングー」にペット用装備が充実した限定車登場

2017.03.30 自動車ニュース
限定車のベースとなったのは「ルノー・カングー ゼン AT」。
限定車のベースとなったのは「ルノー・カングー ゼン AT」。

ルノー・ジャポンは2017年3月30日、「カングー」に特別仕様車「カングー ウィズ ペット」を設定し、20台の台数限定で発売した。

特別装備のSDナビゲーションは、起動画面も専用のものが用意される。
特別装備のSDナビゲーションは、起動画面も専用のものが用意される。
ボディーカラーに合わせた専用ロゴ入りシートカバーを装備する。写真はジョンアグリュム用のイエローのカバー。
ボディーカラーに合わせた専用ロゴ入りシートカバーを装備する。写真はジョンアグリュム用のイエローのカバー。
防水性や通気性、保温性に優れたパッカブルベッド。ファスナーを開けて広げると、大きなマットとして使用することもできる。
防水性や通気性、保温性に優れたパッカブルベッド。ファスナーを開けて広げると、大きなマットとして使用することもできる。
車載用ペット用品で有名なクルゴのハンモック。シートを汚れから守る。
車載用ペット用品で有名なクルゴのハンモック。シートを汚れから守る。
ペット用の簡易ドライブハウスであるベルトチューブ。ペットが車内で安全に遊ぶことができる。
ペット用の簡易ドライブハウスであるベルトチューブ。ペットが車内で安全に遊ぶことができる。

獣医師の監修によるペット用装備が充実

カングー ウィズ ペットは、「ゼン AT」グレードをベースに、ペットと一緒に出掛ける際に、ペットがより安全で快適に室内で過ごせるための装備が追加されたモデル。このペット用装備については、ペット用品販売や動物病院の経営などの大手であるイオンペットの獣医師が監修している。

さらに、ナビゲーションシステムやリアカメラ、専用ロゴステッカー、専用ロゴ入りシートカバーなども装備する。ボディーカラーはジョンアグリュムとブルーエトワールメタリック(3万2400円高)の2色が用意され(各限定10台)、価格は241万5000円。

特別装備の内容は以下の通り。

  • 2DIN SDナビゲーション
  • リアカメラ
  • ラゲッジマット
  • 専用CAVANA製シートカバー(車体色対応 ジョンアグリュム:イエロー、ブルーエトワールメタリック:ブルー)
  • 専用ロゴステッカー
  • ルームinわんタッチ ドッグラン(コンパクトに収納できる、犬用の携帯用サークル。ワンタッチで簡単に組み立てができ、飛び出し防止の屋根付き。キャンプ地などで固定するためのペグ固定用のひもも付いている)
  • ドンパックプラス(愛犬のウンチやにおいの気になるものを入れて、車のボディーに強力マグネットで貼り付けられる)
  • クルゴ ロフトシリーズ ハンモック(水や汚れからカーシートを守る、ハンモックタイプの後部座席用シートカバー。軽量で断熱性もあるため、秋冬のお出掛け時にも最適)
  • パッカブルベット(防水性と通気性、保温性に優れた、寝袋のような形のベッド。ファスナーを開けて広げると大きいマットにもなる。収納バッグが付属する。Lサイズ:70×4×105cm、重さ940g)
  • シートベルトアタッチメント(クルマのシートベルトを間に通しておき、犬を車に乗せた際に首輪に付ければ、簡単に係留ができるアタッチメント。ウォータースポーツ用と同じ素材、同じ製造方法で丁寧に手づくりされている)
  • ベルトチューブ(ペット用の簡易ドライブハウス。非常に強度の高い生地を使用しており、軽量で持ち運びも簡単。サイズ調整ができ、リアシートを有効に使用できる)
  • オリジナルお手入れキット(犬の手入れ用品、散歩グッズ、おもちゃなどが入ったキット。カングーの3連式オーバーヘッドボックス中央にぴったり収まるように設計されたオリジナルデザイン)

(webCG)

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビュー 2018.2.19 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2018年2月19日、東京都千代田区のパレスホテル東京において、新型オープンスポーツカー「ポルトフィーノ」を日本初公開した。税込み価格は2530万円となる。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る