第35回:カーマニア人生劇場 
ある激安中古車専門店オーナーの夢(その1)

2017.04.04 カーマニア人間国宝への道

筋金入りのフェラーリ少年

カーマニアの夢、フェラーリ。

私もフェラーリに取りつかれた者のひとりだが、異色の形でそれを実現した男がいる。

これからしばらく、その男の生きざまをリポートさせていただきたい。

男の名はリュウ(仮名)。年齢は34歳。切れ長の目にやさしさを湛(たた)えた一匹狼(おおかみ)だ。

リュウは、富士山の見える地方都市で、中古車販売業を営んでいる。

現在、フェラーリは所有していない。しかし心は常にフェラーリとともにあり、気合を入れる時はおもむろにフェラーリ・オフィシャルのブルゾンを身に着ける。

「こんなの着てると、お客さんにはよく思われないので、接客の時は着ませんけど」

リュウは、小学生の頃からフェラーリウエアを着、フェラーリキャップをかぶり、フェラーリの傘をさして学校に通っていたという。

「幼稚園の頃、テレビでF1を見たのがきっかけです。あの赤いのにやられたんです。グッズは親にねだって少しずつそろえました」

時はF1ブーム真っ盛り。世間的には断然マクラーレン・ホンダだったが、リュウが心を奪われたのはフェラーリだった。

「F1の流れで、市販車のフェラーリにも興味が行って、幼稚園時代から『GENROQ』とか見てました。もちろんいつか絶対買ってやろうと思ってましたよ」

今回、話を聞かせてくれた、激安中古車専門店オーナーのリュウ氏。
今回、話を聞かせてくれた、激安中古車専門店オーナーのリュウ氏。拡大
取材当日、リュウ氏はお気に入りのブルゾンを着用して現れた。
取材当日、リュウ氏はお気に入りのブルゾンを着用して現れた。拡大
富士山を望む広大な土地に、激安中古車がズラリと並ぶ。
富士山を望む広大な土地に、激安中古車がズラリと並ぶ。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事