第144回:悲劇のヒロインに甘んじなかった大統領夫人の決断
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

2017.03.31 読んでますカー、観てますカー

オシャレなゆるふわ映画じゃない

今もなおセレブ女性の代表的存在で、ファッションアイコンでもあるジャクリーン・ケネディを描いた映画である。演じるのは、お嬢さん女優から演技派への脱皮を遂げたナタリー・ポートマン。古き良きアメリカのゴージャスな上流階級のライフスタイルが、スクリーンによみがえる。オシャレな映画に違いないと思い込んだ上品なおばさま方が、イタリアンのランチを済ませた後に映画館に向かうのだろう。

希望は無残に打ち砕かれることになる。『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』がゆるふわ映画だと思ったら大間違いだ。そもそも、実際のジャッキーが乳母日傘で育てられたかわいいだけのオシャレさんではなかった。自らの意志で人生をコントロールした強い女性である。

映画は冒頭から不穏な空気に満ちている。波打ち際を歩くジャッキーの表情は、何かを恐れているようにみえる。顔のアップにかぶせられるのは、映画音楽の概念からはずれるような大音量の単調な旋律だ。低音で奏でられるうねるような音の繰り返しは、メランコリックな心がそのまま流れ出ているかのように響く。彼女が悲しみに沈んでいるのは、悲劇的な事件で夫を失ったからだ。この映画は、ケネディ暗殺前後の数日間を描いている。

彼女のもとを、1人のジャーナリストが訪れる。大統領夫人として事件にどう向き合ったのかを取材するためだ。ファーストレディはもちろん公人である。首相夫人が私人だと強弁して閣議決定まで行った前近代的な国もあると聞くが、ジャッキーは自分が公的存在であることをはっきり自覚していた。

© 2016 Jackie Productions Limited
© 2016 Jackie Productions Limited
 
第144回:悲劇のヒロインに甘んじなかった大統領夫人の決断『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』の画像
 
第144回:悲劇のヒロインに甘んじなかった大統領夫人の決断『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』の画像
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事