第400回:510psのAMG GTで富士の本コースを激走!
メルセデスAMGでサーキットの走り方を学ぶ

2017.04.02 エディターから一言
走行用のクルマを飾る「50 YEARS AMG」の文字。AMGの誕生は1967年のことで、今年で50周年を迎える。
走行用のクルマを飾る「50 YEARS AMG」の文字。AMGの誕生は1967年のことで、今年で50周年を迎える。

豪快な高性能マシンを取りそろえたメルセデスのサブブランド「メルセデスAMG」。F1でも活躍を見せる同ブランドのドライビングセミナーが、富士スピードウェイで催された。イベントの内容を、実際に参加したwebCG編集部員がリポートする。

パドックエリアではAMGの現行ラインナップが参加者をお出迎え。
パドックエリアではAMGの現行ラインナップが参加者をお出迎え。
「AMGドライビングアカデミー」の会場となったのは、国際格式のレースも多数行われる富士スピードウェイである。
「AMGドライビングアカデミー」の会場となったのは、国際格式のレースも多数行われる富士スピードウェイである。
ピット内にビバンダム君を発見! なぜ彼が会場にいるのかというと、ミシュランが「AMGドライビングアカデミー」を全面サポートしているからだ。
ピット内にビバンダム君を発見! なぜ彼が会場にいるのかというと、ミシュランが「AMGドライビングアカデミー」を全面サポートしているからだ。
待合スペースではコーヒーやお菓子も供されており、いささか早めに到着した記者も、くつろいで受付開始を待つことができた。
待合スペースではコーヒーやお菓子も供されており、いささか早めに到着した記者も、くつろいで受付開始を待つことができた。

今一番霊験あらたかなイベントかも……

突然だけど、日本人にとって、なんだかんだいって「メルセデス・ベンツ」って特別なブランドだと思いません? 「いきなり何言いだすんだコイツは」と思った方は、ぜひ身近な人に「高級輸入車の代名詞といえば?」と聞いてみてほしい。よほどの天邪鬼でなければ、たいていの人は「べ……ベンツ?」と答えるに違いない。ちなみに、編集部の関とわが家の両親は、そう答えました。

“グローサー”が御料車として使われていた戦前・戦後は別にしても、やっぱりメルセデスは輸入車としての歴史が長く、その時間が「高級車の代名詞」というイメージを日本に根付かせたのだろう。いやはや。ブランドを育てるというのは気が遠くなるようなお仕事なのである。

しかし、昨今プレミアムブランドが重視しているスポーツイメージについて問われると、こちらはどうにも印象がぼんやりな気がする。AMGという強烈なサブブランドはあるものの、メルセデス本体が国際格式のモータースポーツから距離を置いていた時期が長く、また本国のDTMを除くと、AMG名義でレースに参戦していた例も少なかったからだろう。

でも、そうしたちょっと古いメルセデスのイメージと、ここ数年の実情とがかけ離れているのも事実だ。「SLS AMG」「AMG GT」と、2代にわたりAMGのスポーツカーにGT3モデルを設定し、世のカスタマーレースを盛り上げてきたし、何よりF1でのあの活躍っぷりである。曲がりなりにもギョーカイで碌(ろく)を食(は)む人間が、3年連続でドライバーとコンストラクターのタイトルを独占しているメーカーに向かって「アナタ、モータースポーツのイメージがないよネ」などと言ったら、同業者に張り倒されるだろう。

以上。
壮大な前フリとなってしまったが、今回はそんな「実はサーキットも得意」なメルセデスAMGの、ドライビングアカデミーをリポートさせていただく。F1屈指の強豪が主催するサーキットセミナーである。2017年3月3日現在、もっとも霊験あらたかなイベントと言っても過言ではないだろう。

あなたにおすすめの記事
新着記事