webCGメールマガジン

ここでしか読めないコラム、最新記事情報や読者アンケートの結果などクルマ好きなら必見です。

メルマガ会員に登録する
クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)

北欧の良心 2017.04.06 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。

自由自在のSPA

ボルボV90に乗ったとだれかに話すと、たいていサイズのことを質問される。「大きいんですか?」と皆心配する。いい機会だからFAQとして書いておこう。V90のサイズは全長4935mm、全幅1890mm、全高1475mm。「メルセデス・ベンツE250ステーションワゴン」は同4960mm、同1850mm、同1465mm。モデル末期だが、「BMW 528iツーリング」は同4915mm、同1860mm、同1490mm。「アウディA6 2.0 TFSIクワトロ」は同4955mm、同1875mm、同1495mm。どの数値もせいぜい数十mmの差しかない。つまり、V90はライバルに比べて大きいわけではない。よし次から「ここ読んで」と言おう。

ただサイズを心配する気持ちはよくわかる。全体に水平基調で、前後に伸びやかなスタイリングのため、大きく、というか長く見えるのだ。横から見ると、フロントオーバーハングの短さとホイールベースの長さが際立っている。フロントオーバーハングが長く、ホイールアーチからドアまでが短いというのがエンジン横置きモデルの常のはずだが、新型V90が用いるSPAという新しい車台は自由度が高く、まるでエンジン縦置きモデルのようにフロントオーバーハングが短い(前輪が前の方にある)スタイリングを可能とした。

近頃の乗用車はエンジン横置きのFWD(かそれをベースとした4WD)が多数を占めるが、いわゆる高級車は今もエンジン縦置きのRWD(かそれをベースとした4WD)が多い。また高級車はそうあるべきだという風潮もまだまだ根強い。ボルボの縦置き風デザインからは老舗高級車ブランドへのコンプレックスが見て取れる。だが周囲からのV90に対する高い評判を聞く限り、旧来のクルマ好きの講釈なんぞだれも気にしていないことがわかる。やがてエンジンは搭載されなくなるか、搭載されても隅でほそぼそと発電するのみとなる日はそう遠くない。縦でも横でも斜めでもいいのだ。

ただ、この車台はなにもデザイナー(スタイリスト)を喜ばせるために自由度が高いわけではない。この車台は次期「60シリーズ」にも用いられる。90シリーズの「XC」「S」「V」「クロスカントリー」の4モデルのように、60シリーズでも4モデルが展開されるだろうから、少なくとも8モデルに対応可能な伸縮自在ぶりを発揮しなければならないわけだ。それにどこかのタイミングでクーペやオープンカーが出てくる可能性もある。それぞれにFWDと4WDがあり、またPHVを含むさまざまなパワートレインを搭載する。そういったバリエーションに対応するために自由度が高いのだ。

試乗したのは2リッター直4“ツインチャージャー”エンジンを搭載する上級グレード「T6 AWDインスクリプション」。車両価格は799万円。
試乗したのは2リッター直4“ツインチャージャー”エンジンを搭載する上級グレード「T6 AWDインスクリプション」。車両価格は799万円。拡大
ウッドとクロームとレザーが多用されたインテリアは、フラッグシップモデルにふさわしい高級感を備える。試乗車の室内色はブロンド/チャコール&ブロンド。
ウッドとクロームとレザーが多用されたインテリアは、フラッグシップモデルにふさわしい高級感を備える。試乗車の室内色はブロンド/チャコール&ブロンド。拡大
「インスクリプション」にはベンチレーション機能付きの「パーフォレーテッド・ファインナッパレザーシート」が装着される。
「インスクリプション」にはベンチレーション機能付きの「パーフォレーテッド・ファインナッパレザーシート」が装着される。拡大
全グレードで4ゾーンエアコンが標準装備。「インスクリプション」にはリアシートヒーターも標準で備わる。
全グレードで4ゾーンエアコンが標準装備。「インスクリプション」にはリアシートヒーターも標準で備わる。拡大
ボディーのスリーサイズは4935×1890×1475mm。「Eクラス」や「5シリーズ」など、ドイツのライバルに近い大きさだ。
ボディーのスリーサイズは4935×1890×1475mm。「Eクラス」や「5シリーズ」など、ドイツのライバルに近い大きさだ。拡大

大排気量NAのような“ツインチャージャー”

試乗したV90には2リッター4気筒エンジンが搭載されていた。というかV90には2リッター4気筒エンジン搭載車しかない。それにターボチャージャーを付け加えたのが「T5」、ターボ+スーパーチャージャーを付け加えたのが「T6」、ターボ+スーパーチャージャー+電気モーターを付け加えたプラグイン・ハイブリッド版が「T8」と、価格に応じて3種類のパワートレインを設定する。どれもコンベンショナルな8ATとの組み合わせ。今回乗ったのはT6。最高出力320ps/5700rpm、最大トルク400Nm/2200-5400rpmと、車重1870kgのV90を動かすには十分なスペックなんじゃないかと想像しながら試乗した。

十分だった。2種類の過給器は、おそらく低回転時をスーパーチャージャーが、中・高回転時をターボチャージャーが担っているのだろうが、いわゆるラグがない。踏めばどこからでもグイッと加速する。大排気量自然吸気エンジン搭載車のようだ。正確に言うと、発進直後、つまり0km/hから動き始める一瞬の力強さだけは大排気量自然吸気エンジン搭載車に劣る。ただし、これはボルボのみならずダウンサイジング・コンセプトのエンジンを積むすべてのクルマに言えること。その代わりに得るものが多すぎるので大排気量時代に戻りたいとは思わない。例えば、排気量に応じて自動車税が決まるという旧態依然としていて、まったく実情に即していない日本の税制のもとでは、ダウンサイジング・コンセプトに乗ることは合法的脱税、すなわち節税みたいなものだ。

パワーは十分なのだが、音と振動はマルチシリンダーのようにはいかない。特にエンジン音は4気筒であることを隠しきれない。四六時中、極上のフィーリングに包まれていないと気が済まないという人はほかを当たったほうがいい。けれど、たいてい音楽聴いているし……という人なら、4気筒にしては静かだし、振動もよく抑えられているので、乗ってしばらくすれば気にならなくなるはずだ。

動力性能は0-100km/h加速が6.1秒で、最高速は250km/h(いずれも欧州仕様参考値)。
動力性能は0-100km/h加速が6.1秒で、最高速は250km/h(いずれも欧州仕様参考値)。拡大
2リッター直4ターボ+スーパーチャージャーエンジンは320psと400Nmを発生する。JC08モード燃費は12.5km/リッター。
2リッター直4ターボ+スーパーチャージャーエンジンは320psと400Nmを発生する。JC08モード燃費は12.5km/リッター。拡大
トランスミッションはアイシンAW製の8段AT(AW TG-81SC型)。ギア比は6速が“直結”になる。
トランスミッションはアイシンAW製の8段AT(AW TG-81SC型)。ギア比は6速が“直結”になる。拡大
タイヤサイズは前後とも255/35R20。試乗車には「ピレリPゼロ」が装着されていた。
タイヤサイズは前後とも255/35R20。試乗車には「ピレリPゼロ」が装着されていた。拡大

高級感と清潔感に満ちたインテリア

インテリアは高級感に満ちている。ほかの高級車と同じようにウッドとクロームとレザーがあちこちに使われているが、不思議とボルボのインテリアは明るく、なんというか清潔感がある。ギラギラしていない。ガラス面積が広いサンルーフが付いていたということもあるのかもしれない。

ATセレクターの手前にあるダイヤモンドカットの豪華なスターターダイヤルを回すというより少しひねるとエンジンがかかる。今後のクルマのトレンドになりそうな縦長のタッチパネル式の9インチディスプレイがセンターパネルの一等地に配置される。ここでほとんどの設定をするので、物理的なスイッチは少ない。

昔のボルボのスイッチ類は一つひとつが大きく、一定の間隔が保たれていた。寒い国生まれのクルマなので手袋をしたままでも押し間違えないための配慮だ。V90のディスプレイが、iPhoneのような静電容量方式ではなく、手袋をしたままでもタッチ操作可能な赤外線方式なのは、そうした配慮の現代的解釈と言える。じゃあ30年後のボルボは手袋関連でどういう工夫をしてくれるかなと想像してみたが、きっとその頃にはジェスチャーか音声でコマンドを伝えるのが主流になっていて、手袋は関係なくなっているだろう。

ダイヤルスイッチで選べるドライブモードを「ダイナミック」にすればワインディングロードでもそこそこ軽快な身のこなしを見せるが、このクルマが真価を発揮するのは高速巡航だ。居心地のよいインテリアに包まれての長時間クルージングは実に心地よい。シートは形状がよいのに加え、調整しろもたっぷりあるので、きっとだれでもベストポジションを得られるに違いない。フロントがダブルウイッシュボーンのコイルスプリング、リアがマルチリンクのエアスプリングというサスペンションは、巡航中に常にフラットであろうとし、路面の不整も素早く収束してくれる。一般道でもう少しソフトなら完璧だ。リアのエアスプリングはオプションで、標準ではリーフスプリングとなる。これも悪くはない。

そういえば、V90のマッサージ機能がクルマに備わるそれのレベルを完全に超えている。他のクルマのそれがせいぜい振動するぐらいなのに対して、だが、V90のマッサージはモミ玉によるタイプで、ヤマダ電機にズラリ並んでいるマッサージチェアのうちの中級機ぐらい本格的にグリグリやってくれる。どこかへ行く用事がなくてもマッサージのためだけにガレージへ向かいたくなる。

ガラス面積の広い「電動パノラマ・ガラス・サンルーフ」は20万6000円のオプション。室内を明るい印象に保つ。
ガラス面積の広い「電動パノラマ・ガラス・サンルーフ」は20万6000円のオプション。室内を明るい印象に保つ。拡大
スピードメーター(左)の表示は260km/hまで。タコメーター(右)のレッドゾーンは6500rpmから。
スピードメーター(左)の表示は260km/hまで。タコメーター(右)のレッドゾーンは6500rpmから。拡大
縦型9インチのタッチパネル式ディスプレイはナビやオーディオ、電話のほか、エアコン、シートコントロール、車両設定なども行える。Apple CarPlayにも対応している。
縦型9インチのタッチパネル式ディスプレイはナビやオーディオ、電話のほか、エアコン、シートコントロール、車両設定なども行える。Apple CarPlayにも対応している。拡大
試乗車にはオプションのB&Wプレミアムサウンド・オーディオ(45万円)が装着されていた。グリル越しに見える黄色いケブラーコーンが特徴的。
試乗車にはオプションのB&Wプレミアムサウンド・オーディオ(45万円)が装着されていた。グリル越しに見える黄色いケブラーコーンが特徴的。拡大
荷室容量は560~1526リッター。(写真をクリックすると荷室のバリエーションが見られます)
荷室容量は560~1526リッター。(写真をクリックすると荷室のバリエーションが見られます)拡大

安全装備には一日の長あり

ボルボの高速巡航が素晴らしい理由がもうひとつ。ACCがオンのときにパイロットアシストを作動させれば、設定した速度の範囲内で先行車に追従してくれるのに加え、カメラで車線を読み取って、車両が車線の中央を維持するようにステアリングアシストしてくれる。ドライバーはステアリングホイールに軽く手を添えてさえいればいい。2016年に日本導入された「XC90」で初めて採用された機能だが、当初は設定可能速度が40km/hと低かったので、役立つのは渋滞中くらいだった。それがV90では140km/hまで設定可能になったので、高速道路で活用できるようになった(現在はXC90もそうなっているはず)。

この機能はドライバーの役割を、操作から監視に変えたという意味で“運転を変えた”と思う。もちろん、現時点では車線が明瞭でないところでは機能しないし、急な割り込みに対応できない場合があるし、そもそもハンズオフを許してくれないから自動運転とはほど遠い。第5段階を完全自動運転だとすれば、ようやく第2段階に達したといったところだ。それでも、手に伝わるステアリングの細かい動きや、先行車との車間を保つための自動的な減速を体感すると、思えば遠くまできちゃったなという感じ。そしてやっぱり楽だ。運転が長時間になればなるほど疲労が少ないに違いない。安全装備は現行の市販車で最も充実している。ボルボだけに。

T6エンジンを搭載したV90 AWDインスクリプションは799万円。テスト車はサンルーフや上級のオーディオ、リアエアサスが付いて884万6000円。動力性能や装備の有無など、数値化できる項目を比較すれば、ライバルのドイツ車よりも買い得な値付けだ。数値化できない快適性や満足度なども、以前のボルボ、例えば「V70」時代よりも格段にアップした。4気筒を試してみて気にならなければオススメ。と締めくくろうと思ったが、今や「Eクラス」も「5シリーズ」も「A6」も4気筒なので、条件をつけずにオススメしてしまおう。

ところで、セダンのS90はとりあえず500台の限定車だ。ボルボの戦略として、日本仕様の最初の500台はスウェーデンで生産した車両を輸入するが、その後は中国製の車両を輸入することになっている。今後、欧州向けを含むすべてのS90が中国製となるからだ。それを日本のボルボユーザーがどう考えるかインポーターとして判断しかねるため、当面のS90の売れゆきを見てから、501台目以降も入れるかどうか決めるようだ。設計がスウェーデンならOKじゃないかとも思うし、すでに日本人が中国製のモノを排除して生活するのは難しいと思うが、食品や衣服と違い、クルマは高額なので、ま、いいかと思えない人もいるかもしれない。日本仕様だけでもずっとスウェーデン製にしてくれればよいのだが、ボルボ本社の皆さんにアジア近現代史を深く理解せよというのも難しかろう。日本仕様のV90は今後もスウェーデン製だそうだ。

(文=塩見 智/写真=尾形和美/編集=大久保史子)

サスペンション形式は前がダブルウイッシュボーンで、後ろがマルチリンク。リアスプリングはグラスファイバー製のリーフ式となるが、オプションでエアスプリングも用意される(試乗車は装着車)。
サスペンション形式は前がダブルウイッシュボーンで、後ろがマルチリンク。リアスプリングはグラスファイバー製のリーフ式となるが、オプションでエアスプリングも用意される(試乗車は装着車)。拡大
ウインドシールドの上部に設置された高解像度カメラ。視野は52度で、解像度は従来品の4倍。赤外線レーザーなしでも従来以上の検知能力を持つという。
ウインドシールドの上部に設置された高解像度カメラ。視野は52度で、解像度は従来品の4倍。赤外線レーザーなしでも従来以上の検知能力を持つという。拡大
インフォテインメントシステム「SENSUS(センサス)」は音声で操作可能。ステアリングホイールの右スポークにボイスコントロールのスイッチが備わる。
インフォテインメントシステム「SENSUS(センサス)」は音声で操作可能。ステアリングホイールの右スポークにボイスコントロールのスイッチが備わる。拡大
ヘッドライトはLED式。ハイビーム時に自動で遮光する「フル・アクティブ・ハイビーム」機能や、ステアリングに連動して照射方向を最大30度動かす「アクティブベンディング」機能が備わる。
ヘッドライトはLED式。ハイビーム時に自動で遮光する「フル・アクティブ・ハイビーム」機能や、ステアリングに連動して照射方向を最大30度動かす「アクティブベンディング」機能が備わる。拡大
フロントグリルには、斜線と矢印の方向が一致した、新しいアイアンマークが装着されている。
フロントグリルには、斜線と矢印の方向が一致した、新しいアイアンマークが装着されている。拡大
今回の試乗距離は300km余り。燃費(満タン法)は8.5km/リッターとなった。
今回の試乗距離は300km余り。燃費(満タン法)は8.5km/リッターとなった。拡大

テスト車のデータ

ボルボV90 T6 AWDインスクリプション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4935×1890×1475mm
ホイールベース:2940mm
車重:1870kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ+スーパーチャージャー
トランスミッション:8段AT
最高出力:320ps(235kW)/5700rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2200-5400rpm
タイヤ:(前)255/35R20 97W/(後)255/35R20 97W(ピレリPゼロ)
燃費:12.5km/リッター(JC08モード)
価格:799万円/テスト車=884万6000円
オプション装備:電動パノラマ・ガラス・サンルーフ(20万6000円)/Bowers & Wilkinsプレミアムサウンド・オーディオシステム<1400W/19スピーカー>サブウーハー付き(45万円)/電子制御リアサスペンション FOUR-C(20万円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:3350km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:308.9km
使用燃料:36.4リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/9.3km/リッター(車載燃費計計測値)

ボルボV90 T6 AWDインスクリプション
ボルボV90 T6 AWDインスクリプション拡大
 
ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com