イタリア警察、「ランボルギーニ・ウラカン ポリツィア」を導入

2017.04.03 自動車ニュース
「ランボルギーニ・ウラカン ポリツィア」
「ランボルギーニ・ウラカン ポリツィア」

伊ランボルギーニは2017年3月30日(現地時間)、「ウラカン」の警察用モデル「ポリツィア」をイタリア・ハイウェイパトロールに納車した。ローマのヴィミナーレで、伊ランボルギーニのCEOステファノ・ドメニカリ氏から、イタリア内務省のマルコ・ミンニーティ大臣に鍵が手渡された。

 
イタリア警察、「ランボルギーニ・ウラカン ポリツィア」を導入の画像
 
イタリア警察、「ランボルギーニ・ウラカン ポリツィア」を導入の画像

今回のウラカン ポリツィアは、ボローニャのハイウェイパトロール任務に従事し、通常の警察業務だけでなく、輸血用血液や臓器などの緊急搬送にも使用される。すでに2015年から別のウラカンが同任務に活用されている。

ボディーカラーには、イタリア警察の公式カラーであるポリス・ミディアムブルーと白が使用され、ウラカンのエクステリアに合わせて特別に製作されたレタリングが施されている。また、ボディーの両サイドには、イタリア国旗の3色のストライプがあしらわれる。タイヤはランボルギーニのほかの車両と同様に高性能スポーツタイヤ「ピレリPゼロ」が装着され、サイドウォールにはポリス・ミディアムブルーがペイントされる。

パワートレインは標準モデルと同様で、5.2リッターV10自然吸気エンジンから最高出力610psを発生、4輪を駆動する。シャシーはアルミニウムとカーボンファイバーのハイブリッド型を採用する。

さらに室内には最先端技術を用いた車載システムが備わっており、コンピューター、記録装置、ビデオカメラ付きのタブレットで、路上での活動を記録できる。

また、従来のパトカー装備であるガンホルスター、携帯用消火器、標準VHF警察無線なども備えている。

(webCG)
 

関連キーワード:
ウラカンランボルギーニ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
ホームへ戻る