「BMW i8」にマットなボディーカラーの限定車登場

2017.04.03 自動車ニュース
「BMW i8プロトニック フローズン ブラック」
「BMW i8プロトニック フローズン ブラック」拡大

BMWジャパンは2017年4月3日、プラグインハイブリッドスポーツカー「BMW i8」に特別仕様車「i8 Protonic Frozen Black(プロトニック フローズン ブラック)」を設定し、20台の台数限定で受注を開始した。デリバリーは同年6月からを予定している。 

 
「BMW i8」にマットなボディーカラーの限定車登場の画像拡大
 
「BMW i8」にマットなボディーカラーの限定車登場の画像拡大
 
「BMW i8」にマットなボディーカラーの限定車登場の画像拡大

今回のi8プロトニック フローズン ブラックは、ボディーカラーに専用のマットカラー「フローズン マット ブラック」を採用。同じく内側をマット加工した20インチアロイホイールとの組み合わせにより、存在感を強調したエクステリアが特徴となっている。さらにヘッドランプには、LEDヘッドライト比で約2倍の照射距離を実現した「BMWレーザーライト」を標準装備した。

インテリアについては、ブラックを基調としながらイエローのアクセントを随所に採用。エディションネーム、シリアルナンバー入りの専用バッジも備わる。

また、森永邦彦氏が設立したアパレルブランド「ANREALAGE(アンリアレイジ)」とのコラボレーションによる、i8プロトニック フローズン ブラックの日本限定アクセサリーも装備する。

特別装備の内容は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー「フローズン マット ブラック」
  • 専用20インチBMW iライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング470(内側マット仕上げ)(フロント:20×7.5Jホイール+215/45R20タイヤ、リア:20×8.5Jホイール+245/40R20タイヤ)
  • BMWレーザーライト
  • ブラックハイグロスフロントブレーキキャリパー(BMW iロゴ付き)
  • 専用スフェリックレザークロスアクセントシート(シートカラー:アミドイエローハイライト)
  • 専用ベロアフロアマット
  • アンソラジットルーフライニング
  • 専用ドアシルプレート
  • ブラックセラミックセレクターレバー
  • 専用グレーシートベルト
  • 専用インテリアバッジ(シリアルナンバー入り)
  • コンフォートアクセス
  • ストレージパッケージ(ポータブルカップホルダー<リアセンターコンソールに2個>、シートバックネット、収納ネット、ラゲッジコンパートメントカバー)
  • ANREALAGEコラボレーションBMW i8プロトニック フローズン ブラック日本限定アクセサリー
  • ChargeNow(全国の提携公共充電器での充電サービス/初年度無料)
  • BMW iコネクテッドドライブプレミアム

右ハンドル仕様と左ハンドル仕様がそれぞれ10台ずつ用意され、価格は2298万円。

(webCG)

関連キーワード:
i8BMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「BMW i8」のオープントップモデル発売 2018.4.10 自動車ニュース BMWジャパンは2018年4月9日、プラグインハイブリッドスポーツカー「BMW i8」に一部改良を施すとともに、オープントップモデルの「i8ロードスター」をラインナップに追加し、販売を開始した。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • 第79回:日本の国民車はなぜダサイ 2018.2.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第79回は「日本の国民車はなぜダサイ」。いま日本で売られているクルマで、一番いいモデルはどれか!? 筆者が“これぞ出色のデキ”と太鼓判を押すモデルを発表。脱・ダサ国民車のススメ。
  • BMW i8(4WD/6AT)【試乗記】 2015.4.9 試乗記 BMWが次世代のスポーツカーとして世に送る、プラグインハイブリッド車「i8」。実際、どんなドライブフィーリングが得られるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る