「フォルクスワーゲン・ポロ」に“職人”の名を持つ2タイプの特別仕様車

2017.04.04 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン マイスター」
「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン マイスター」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年4月4日、小型ハッチバック「ポロ」に、特別仕様車「TSIコンフォートライン マイスター」と「TSIハイライン マイスター」を設定し、販売を開始した。

「フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン マイスター」。ボディーカラーは新色の「ペッパーグレーメタリック」。

	
	
		「フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン マイスター」。ボディーカラーは新色の「ペッパーグレーメタリック」。
	
	
	拡大
フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステムの「716SDCW」。
フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステムの「716SDCW」。拡大

マイスター(Meister)とは、ドイツ語で職人や名人を意味する言葉で、今回の特別仕様車は、その名が示す通り入念に作りこまれた完成度の高さが魅力とされる。

TSIコンフォートライン マイスターは、純正ナビゲーションシステム「716SDCW」とLEDヘッドライトを標準装備。244万9000円の価格も魅力だ。

一方のTSIハイライン マイスターも、同じく716SDCWを標準装備。さらに、ボディーカラーに新色の「ペッパーグレーメタリック」が設定された。価格は268万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • フォルクスワーゲンup! GTI:「ルポGTI」の再来に期待 2017.10.26 自動車ニュース コンパクトスポーツのファンが待ちかねていた「フォルクスワーゲンup! GTI」が、東京モーターショーで日本初公開された。長年にわたりフォルクスワーゲンを愛用してきたライターの大音安弘が、このクルマに寄せる期待を語った。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
ホームへ戻る