第213回:低燃費少年アキオ! 大矢式フランクフルトの楽しみ方(後編)

2011.09.30 エッセイ

第213回:低燃費少年アキオ!大矢式フランクフルトの楽しみ方(後編)

ペットボトルは捨てるな

前回に引き続き、フランクフルト2011会場の漫遊記である。報道関係者公開日につきものといえば、記事を執筆するもととなる報道資料だ。ボクは以前から、その立派すぎる装丁について本欄で指摘してきた。今回のフランクフルトでも、電子化の進展によってやや改善されたとはいえ、まだまだ過剰だった。これじゃ、いくら自動車メーカーがエコを叫んでも意味がない。
事実、要らない袋やカバー、さらに資料そのものなどが、各パビリオンの片隅やゴミ箱に大量に捨てられていた。清掃スタッフは、ひっきりなしにそれらを回収している。
実はボクも、「よくないなー」と思いながらも捨てさせていただいたものがあった。帰りの飛行機の荷物重量制限にビビっていたからだ。

その罪滅ぼしという意味で、ボクがフランクフルト滞在中に活用したのが、ペットボトルの返金制度である。飲み終わった空のペットボトルをお店に持って行くと、ボトルによって微妙に違うが15セントくらいを現金で返してくれるのだ。大きなスーパーマーケットには、ボトルを投げ込むと自動的に返金してくれる機械も設置されている。

毎晩ホテルで原稿書きのお供に飲んだリンゴジュースのボトルを、翌朝店に持っていってお金を返してもらう。イタリアではできない体験であることから、繰り返しているうち、その行為が快感になってくる。低燃費少女ハイジならぬ、低環境負荷少年アキオである。

最後には会場で会ったライターの小沢コージさんや吉田由美さんにも「捨てるビンがあったら回収しますぜ!」と思わず言いたくなってしまった。なにかと過熱しがちなボクであった。

アウディの巨大仮設パビリオン(手前の白い建物)のためか、通行人がジオラマ人形のように見える。
アウディの巨大仮設パビリオン(手前の白い建物)のためか、通行人がジオラマ人形のように見える。
捨てられた報道資料のカバーなどを手提げ袋に集める清掃スタッフ。
捨てられた報道資料のカバーなどを手提げ袋に集める清掃スタッフ。
空のペットボトルはお店に返しましょう!
空のペットボトルはお店に返しましょう!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。