トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)

遅れてきたハイブリッド 2017.04.07 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。

Bセグでもハイブリッドが必須に

なぜ今ごろ?――というのが最初の感想だった。2017年1月の部分改良で追加されたトヨタ自動車「ヴィッツ ハイブリッド」のことである。すでにヴィッツの欧州仕様である「ヤリス」にはハイブリッド仕様が以前から用意されているのだが、国内には同じBセグメントにハイブリッド専用車の「アクア」があり、これとバッティングするということで、エンジン車はヴィッツ、ハイブリッド車はアクア、というすみ分けが、トヨタ車の中ではできていた。ヴィッツを販売する「ネッツ店」でもアクアは扱っているから、それで十分、という判断だったのだろう。

現行型のヴィッツは、発売からすでに6年が経過している。歴代のヴィッツが5~6年で全面改良していたことを思えば、モデル末期と考えても差し支えないだろう。そのモデル末期に、わざわざハイブリッドモデルを追加する必要がなぜあったのか。一つには、ヴィッツが属するBセグメントでも、ハイブリッド仕様の設定が、もはや必須になっていることがある。

2010年12月に現行型のヴィッツが発売されたとき、Bセグメントのハイブリッド車はホンダの「フィット ハイブリッド」しかなかった。しかし現在では、日産自動車の「ノートe-POWER」があり、スズキも新型「スイフト」にマイルドハイブリッド仕様を設定している。ハイブリッドシステムを搭載していないのはマツダの「デミオ」くらいだが、デミオには低燃費のディーゼル仕様がある。ガソリンエンジン仕様しかないヴィッツがこれらの競合車に対抗するにはハイブリッドを設定する必要があった。

「ヴィッツ」はBセグメントに属するトヨタのコンパクトモデル。現行型は2010年12月に発売された。
「ヴィッツ」はBセグメントに属するトヨタのコンパクトモデル。現行型は2010年12月に発売された。
インテリアでは、装飾部分の色をブラックに変更。上級グレード「U」「ハイブリッドU」の内装色には、写真の黒のモノトーンに加え、オプションで「バレルブラウン」も用意されている。
インテリアでは、装飾部分の色をブラックに変更。上級グレード「U」「ハイブリッドU」の内装色には、写真の黒のモノトーンに加え、オプションで「バレルブラウン」も用意されている。
シートの仕様はグレードによって異なり、「U」「ハイブリッドU」にはダブルステッチの施されたファブリックシートが装備される。
シートの仕様はグレードによって異なり、「U」「ハイブリッドU」にはダブルステッチの施されたファブリックシートが装備される。
今回の大幅改良では、日本仕様の「ヴィッツ」として初めてハイブリッドモデルが設定された。
今回の大幅改良では、日本仕様の「ヴィッツ」として初めてハイブリッドモデルが設定された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
ホームへ戻る