第496回:さらばいとしい紙製免許証!
これがイタリアの運転免許更新法だ

2017.04.07 マッキナ あらモーダ!

更新手続きは「長き道のり」

イタリアでは、普通運転免許は10年に1度更新される(50歳まで。以後70歳までは5年ごとに、71歳以上は3年ごとに更新)。

1997年にイタリア国内で初の免許を取得したボクに、先日2度目の更新時期がやってきた。そこで今回は、イタリアにおける運転免許の更新についてお話ししよう。

具体的な方法は、以下の通りである。

まずは郵便局で、道路運輸局への申請料10.2ユーロ(約1200円)と印紙代16ユーロ(約1900円)を払い込み、領収書をもらってくる。ここまでで、郵便局の長い列に並んでもうフラフラになるのだが、次のミッションがある。

市内にあるイタリア自動車クラブ(ACI)もしくは保健所に赴き、健康診断の予約をする。これがまた大変だ。窓口には昼休みがあるし、夕方は早く閉じてしまう。ACIの場合、午前しか開いていない日もある。アポイントが取れる日も1カ月先だったりする。鉄道の健康保険組合や消防署の登録医も一般人の免許更新用健診を受け付けているが、探すこと自体かなり困難だ。

健診の日は、更新前の免許証と公的な本人証明書、健康保険証、写真2枚、そして郵便局でもらっておいた前述の領収書を提出する。検診の費用も含め、更新にかかる総額は70ユーロ(約8400円)前後である。

ただし、イタリア人ドライバー全員がこんな面倒くさいことをやっているのかというと、そうではない。ありがたいことに、「プラティケ・アウト」といわれるクルマ専門の行政手続き所でも更新手続きができるのだ。ボクは今回こちらで済ませることにした。

プラティケ・アウトは民間の事務所だ。イタリアに住み始めた当初、日本の代書屋さんのようなものかと想像していたが、実際の業務はかなり広範囲にわたる。免許更新のほか、車両の名義書き換え、外国で購入したクルマの登録など、さまざまな自動車関連の手続きを代行する。

ボクがお世話になったのは、在住3年目の1998年に初めてクルマを個人から買ったときである。前オーナーから告げられた日に行くと、公証人がいて、2人で売買手続き書にサインをしたのを覚えている。

筆者が住むシエナにある、自動車関連の民間手続き事務所「プラティケ・アウト」で。スタッフのエリーザさん(写真右)とミレーナさん(同左)。
筆者が住むシエナにある、自動車関連の民間手続き事務所「プラティケ・アウト」で。スタッフのエリーザさん(写真右)とミレーナさん(同左)。
今回利用したプラティケ・アウトの入り口脇には、エンツォ・フェラーリの肖像が並ぶ。そのわけは後ほど。
今回利用したプラティケ・アウトの入り口脇には、エンツォ・フェラーリの肖像が並ぶ。そのわけは後ほど。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事