アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)

等身大のスーパースポーツ 2017.04.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。

TTはもはや欠かせぬ存在

どこの誰にも似ていない――まさにそんなフレーズで紹介するのがふさわしいアウディTTが、初めてその姿を現したのは1995年のフランクフルトモーターショー。

正確には、その舞台に展示されたのはいわゆる参考出品扱いのデザインスタディーであった。けれども、うれしいことにそのルックスは、ほぼ完全なカタチで市販バージョンへ再現されることになった。

こうして、まさに「ショーモデルが、そのまま公道へと現れた」と表現するに等しい仕上がりだっただけに、1998年に初代TTクーペが世に送り出された際のインパクトは大きかったものだ。

幸運にもその国際試乗会へと招かれ、“走り”の実力も期待通りだったのを確認の上で、エクステリアカラーやインテリアの仕様をその場で決定。“旬”のクルマでもあるだけに、早く日本に戻って購入契約書にサインをしないと!! ……と勢い込んではみたものの、「日本仕様は左ハンのみ」と聞かされて泣く泣く諦めた、という過去の経緯は、かつて本サイトの試乗記でも述べたような気がする。

あれから間もなく20年。そんな時の流れの中で、今や数あるアウディラインナップの中にあっても、なくてはならないアイコン的存在にまで成長を遂げたのが、このTTというモデル。

もちろん、アウディのイメージリーダー筆頭候補は「R8」。けれども、“スーパーカー”の範疇(はんちゅう)に入るR8では、価格も性能も「現実離れしている」と感じる人は少なくないはず。

一方のTTは、スターティングプライスが469万円と、はるかに身の丈感が強い。ラインナップを代表するスポーツモデルという実利面でも、ブランド広告塔という役割としてのマーケティング面でも、今やアウディにとって欠かせないシリーズなのだ。

「TT」をベースにアウディスポーツ社が改良を施した高性能スポーツモデルが「TT RS」。日本でもすでに2017年3月28日に発表されている。
「TT」をベースにアウディスポーツ社が改良を施した高性能スポーツモデルが「TT RS」。日本でもすでに2017年3月28日に発表されている。
ブラックで統一された、試乗車のスポーティーなインテリア。試乗車のハンドル位置は左だが、日本仕様は右と左から選べる。
ブラックで統一された、試乗車のスポーティーなインテリア。試乗車のハンドル位置は左だが、日本仕様は右と左から選べる。
軽量設計のヘッドレスト一体型RSスポーツシート。シートバックに「RS」の文字が刻まれる。
軽量設計のヘッドレスト一体型RSスポーツシート。シートバックに「RS」の文字が刻まれる。
リアデッキに固定されたリアウイングは「TT RS」の証し。
リアデッキに固定されたリアウイングは「TT RS」の証し。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TT RSクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディの新型高性能モデル「RS 3セダン」登場 2017.3.28 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年3月28日、コンパクトセダンの高性能モデル「アウディRS 3セダン」を発表した。価格は785万円。同年7月上旬に、販売を開始する。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
ホームへ戻る