第37回:カーマニア人生劇場
ある激安中古車専門店オーナーの夢(その3)

2017.04.18 カーマニア人間国宝への道

不況下で激安車の需要が高まる

(その2)からのつづき
車両本体10万円、支払総額20万円以内の激安中古車専門店を経営するリュウ。

商売を始めたのは、2010年4月だった。リーマンショックから1年余、日本だけでなく世界中が不況に喘(あえ)いでいた。

翌年には東日本大震災が発生する。リュウが現在の地に店(と呼べればだが)を構えたのはちょうどその頃だ。たまたまながら時流に乗っていた――のだろう。

激安中古車は売れた。どんどん売れた。

来店客は9割がた成約して帰る。自転車で来た客は、最初から買って帰るつもりだし、クルマで乗り付ける客も、多くは車検が迫っている。今日車検が切れる、あるいはもう切れている(※運転すると深刻な違反です)という切羽詰まった客も多い。

地方ではクルマは必需品。それがないと、明日出勤することもできない。「なんでもいいから動くヤツをくれ!」という需要は、驚くほど多かった。

「軽自動車でも、さすがに登録には2~3日かかります。でも、多くのお客さんがそのまま乗って帰りたい人なので、代車を用意してます。みんなそれに乗って帰りますね。自転車をクルマに積んだりして」

切羽詰まって「動けばなんでもいいから」と来店する客には、ある共通点があるという。

少年の頃からフェラーリに憧れていたというリュウ氏、34歳。中古車販売に携わり、この春、8年目を迎えた。
少年の頃からフェラーリに憧れていたというリュウ氏、34歳。中古車販売に携わり、この春、8年目を迎えた。
大雨時には冠水するリュウ氏の“店”。一見すると「廃車置き場」のようだ。
大雨時には冠水するリュウ氏の“店”。一見すると「廃車置き場」のようだ。
総額20万円以内の軽自動車がこの店の売れ筋。
総額20万円以内の軽自動車がこの店の売れ筋。
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事