第38回:カーマニア人生劇場
ある激安中古車専門店オーナーの夢(その4)

2017.04.25 カーマニア人間国宝への道

ついに手に入れたフェラーリ

(その3)からのつづき

リュウの店はぐんぐん実績を上げた。不況のドン底だった2012年には、年間400台を売った。

開店からわずか2年余り。リュウは夢のフェラーリを買った。真っ赤な「512TR」だ。その時29歳。

「20代で絶対フェラーリを買ってやるって決めてましたから、ちょうど間に合いました」

ただ、初めて運転した夢のフェラーリは、それほどのものではなかった。

「やっぱちょっと昔のクルマだし、加速、そんなでもないじゃないですか。全開にするとドライブシャフトが折れるかもとか、そういうこともわかってるんで、無茶(むちゃ)できなくて。とにかく緊張して、1時間くらいでヘトヘトになりました」

しかしリュウは大感激の大満足だった。もともと速いクルマが欲しかったわけではないし、飛ばしたいわけでもない。

「なにせ、乗り手がクルマに負けてますし(笑)」

その敗北感が幸福感につながるのも、自動車の頂点・フェラーリならではだ。

「フェラーリの音を堪能したいだけなんです。それは2速、3速で十分。4速より上は要らないくらいだな」

フェラーリを持つヨロコビは、所有した者でなければわからない。夢の512TRで高速に乗り入れたリュウは、集まる視線の快感と、限りない達成感に酔いしれた。

その晩は興奮して眠れず、フェラーリの事だけを思って朝を迎えた。

今回、話を聞かせてくれた激安中古車専門店オーナーのリュウ氏。彼の店は、不況に強かった。
今回、話を聞かせてくれた激安中古車専門店オーナーのリュウ氏。彼の店は、不況に強かった。
リュウ氏が29歳の時に購入した「フェラーリ512TR」。
リュウ氏が29歳の時に購入した「フェラーリ512TR」。

参考までに、筆者がかつて乗っていた「フェラーリ512TR」。流麗なエアインテークのフィンが外観上の特徴。(写真=池之平昌信)

 

 


	参考までに、筆者がかつて乗っていた「フェラーリ512TR」。流麗なエアインテークのフィンが外観上の特徴。(写真=池之平昌信)

	 

	 
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算46台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事