第12回:輸入車販売台数ナンバーワンは譲りません!
インポーターに聞きました~メルセデス・ベンツ&スマート編~

2017.04.07 JAIA輸入車試乗会2017
「メルセデス・ベンツEクラス」
「メルセデス・ベンツEクラス」拡大

2015年には輸入車販売台数ナンバーワンを記録したメルセデス・ベンツ。新型「Eクラス」や「GLEクーペ」などの注目車種が登場した、昨年の売れ行きはどうだった? スマートの数字も併せて聞きました。さらに、気になる2017年の注目モデルはいつごろ登場?

ほぼ1年を通じて販売されたスマートは、2015年度比で約4.5倍となる4508台の販売台数を記録した。
ほぼ1年を通じて販売されたスマートは、2015年度比で約4.5倍となる4508台の販売台数を記録した。拡大
2017年2月22日に発売された、スタイリッシュなフォルムが印象的な「GLCクーペ」。プラグインハイブリッドモデルの「GLC350e 4MATICクーペ スポーツ」もラインナップされる。
2017年2月22日に発売された、スタイリッシュなフォルムが印象的な「GLCクーペ」。プラグインハイブリッドモデルの「GLC350e 4MATICクーペ スポーツ」もラインナップされる。拡大
インタビューに応じていただいた、メルセデス・ベンツ日本の河野 綾さん。ダイムラーの中・長期戦略“CASE”についてしっかりと教えて(?)いただきました。
インタビューに応じていただいた、メルセデス・ベンツ日本の河野 綾さん。ダイムラーの中・長期戦略“CASE”についてしっかりと教えて(?)いただきました。拡大

――昨年(2016年)の日本市場における販売状況について教えてください。

おかげさまでメルセデス・ベンツは約6万7000台を販売し、2年連続で輸入車ナンバーワン、4年連続でプレミアムブランドナンバーワンの好成績を残すことができました。日本は、中国、アメリカ、ドイツ、イギリスに次いで、5番目のマーケットを維持しています。昨年の成功要因については、主に新型車効果だと考えています。新型のスマートにつきましても、2000年の発売以来、過去最高の4508台を販売することができました。2015年の販売台数が1012台だったので、約4.5倍です。

――現在、販売をけん引している車種や、イチオシの車種はどのモデルですか?

メルセデス・ベンツの中核モデルであるEクラスに注目が集まっていますし、SUVはどれも好調です。そして最量販モデルである「Cクラス」や小型車を中心に、堅調に販売台数を伸ばしています。スマートにつきましては、BRABUSモデルへの問い合わせが増えています。

――今年導入を予定している車種、注目の車種はありますか。可能ならば大まかな導入時期も教えてください。

2月下旬に「GLCクーペ」を発表します。さらにEクラスの新しいファミリーと、“CASE”にのっとった新しい技術を搭載したモデルも発表する予定です。CASEについて、読者の皆さんのために説明させてください。ちょっと宣伝です(笑)。CASEとは、コネクティビティー(つながる)、オートノマス(自動運転)、シェアード(カーシェアリング)、エレクトリック(電動化)の頭文字をとったもので、昨年発表したダイムラーの中・長期戦略です。これからのクルマづくりの指標となるものですので、こちらにも注目してください。宣伝は以上です(笑)。


――全国のwebCG読者へ一言、2017年の活動をアピールしてください。

先進性のある魅力的なプロダクトの展開、お客さまが満足されるブランド体験“カスタマーエクスペリエンス”の提供という、2つの軸を中心に活動してまいりますので、今年もメルセデスにご期待ください。

(インタビューとまとめ=webCG 藤沢 勝/写真=田村 弥、メルセデス・ベンツ日本、webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事