スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開

2017.04.07 自動車ニュース
2018年型「スバル・アウトバック」の北米仕様車。
2018年型「スバル・アウトバック」の北米仕様車。

スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。

 
スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開の画像
 
スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開の画像
 
スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開の画像
 
スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開の画像
 
スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開の画像
 
スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開の画像

2018年型モデルのアウトバックでは、ラギッドかつ上質な印象を外装デザインにおいて一段と強調しつつ、内装の質感を向上。さらに、サスペンション設定の最適化等により操縦安定性と乗り心地を向上させ、エンジンやCVTの特性を変更することでメリハリのある気持ち良い加速感を実現したという。

具体的な変更点は、以下の通り。

【エクステリア】

  • スバルのアイデンティティーをこれまで以上に強調した、新デザインのヘッドランプとフロントグリルを採用。たくましさを強調したフロントバンパーと組み合わせた。
  • リアバンパーに備わるマットブラックのクラッディングを拡大。ラギッドな印象をさらに強調し、フロントフェイスと統一感のあるデザインとした。
  • 18インチアルミホイールのデザインを変更した。
  • 新形状のLEDターンランプ付きドアミラーを採用し、空力性能や静粛性、他車からの視認性を高めた。

【インテリア】

  • センターベントグリルやエアコンユニットと一体的にデザインされたフラットな大型センターパネルを採用。ディスプレイのサイズを8インチに拡大した。
  • ハイグロスブラックのパーツとシルバーフレームを随所にあしらうことで、質感を向上させた。
  • インストゥルメントパネルとドアトリムにリアルステッチを施し、仕立てのいい上品なイメージを演出した。
  • 立体的でスポーティーなデザインの新型ステアリングホイールを装備した。
  • フロントドアガラスに遮音中間膜ガラスを採用し、遮音性を向上させた。

【シャシー/トランスミッション】

  • サスペンションの設定を最適化し、操縦安定性と乗り心地を向上させた。
  • 電動パワーステアリングの制御を変更。より自然で滑らかな操舵フィーリングを実現した。
  • ブレーキの特性を改め、剛性感の高いしっかりとしたブレーキフィールとした。
  • エンジンやCVTの特性を変更し、メリハリのある気持ち良い加速感を実現した。

【安全装備】

  • ステアリングの操作に合わせてヘッドランプの光軸を左右に動かす「ステアリング連動ヘッドランプ」を採用。夜間の視認性を向上させた。
  • 後側方警戒支援システムのインジケーターランプを鏡面中からミラーサイドに移設。ランプの光らせ方も改めた。

(webCG)

関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る