スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)

“太鼓判”は押せず 2017.04.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。

そこかしこに進化が見られる

「アルト」の次のスズキの軽、ということで気になっていた。興味があった。具体的には、例えばハンドルの手応え。真ん中付近にモーレツにあった固着感、ギュッとなって動こうとしないヘンな感じは今回わりと、いやもっとフツーに近づいた。おー。どう考えても、わざわざナンかしたっぽい。アルトのあれはマズいだろという意識があったはず。ステアリング関係の具体的にどこをどうしたのかは、聞いていないので知らない。でも運転しやすくなったのは間違いない。これだけでも大いにメデタイ。

パワートレイン関係。いまの日本車の水準に照らして「これはちょっとなあ」(または、「いくらなんでもなあ」)というような、つまり運転しにくさの原因としてガッツリ指摘しないといけないと思われるところは別になかった。「ソリオ」のハイブリッドや「スイフト」(1.2リッター4気筒+CVTまたは5MT)と比べたら、「おおイイぞ!!」な感じは半段ほど落ちる。落ちるけど、13km/hとかでエンジンが勝手にお休みしちゃうスタート&ストップ機構由来のウザさがハイブリダイゼーションで軽減されたのはいい。

それと、再始動のスムーズさも(ただしこれも、ソリオのハイブリッドやスイフトのハイブリッドと比べるとチョイ落ち)。リチウムイオン二次電池の電力残量にもよるけれど、クリープ走行時とかに一瞬点灯するEV表示。でもなんかおかしいな……と3秒ほど考えてそうだと思い当たったのは、駆動用電気モーターの位置。というか、オルタネーターですからね。たとえEVモード中でも、クランクシャフトを回さずにクルマを動かすことはできない。

運転席まわりでは、今回の新型よりメーターの位置がダッシュボード中央に変更された。
運転席まわりでは、今回の新型よりメーターの位置がダッシュボード中央に変更された。
グレードごとに異なるメーターが装備される標準モデルに対し、「スティングレー」のメーターは基本的に全車共通。マイルドハイブリッド機構に関するインジケーターの有無や、インフォメーションディスプレイの表示が異なる程度である。
グレードごとに異なるメーターが装備される標準モデルに対し、「スティングレー」のメーターは基本的に全車共通。マイルドハイブリッド機構に関するインジケーターの有無や、インフォメーションディスプレイの表示が異なる程度である。
660ccのターボエンジンとマイルドハイブリッド機構が組み合わされたパワープラント。燃費はJC08モード計測で28.4km/リッターとされている。
660ccのターボエンジンとマイルドハイブリッド機構が組み合わされたパワープラント。燃費はJC08モード計測で28.4km/リッターとされている。
軽ハイトワゴンの草分け的存在である「スズキ・ワゴンR」。現行型は6代目のモデルにあたり、2017年2月に登場した。
軽ハイトワゴンの草分け的存在である「スズキ・ワゴンR」。現行型は6代目のモデルにあたり、2017年2月に登場した。
関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー T(FF/CVT)【試乗記】 2012.11.14 試乗記 スズキ・ワゴンRスティングレー T(FF/CVT)
    ……158万250円

    5代目となった「スズキ・ワゴンR」の仕上がりやいかに? 走りや乗り心地、そして実際の燃費を、個性派のターボモデル「ワゴンRスティングレー T」で確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 「ダイハツ・ミラ イース」発表会の会場から 2017.5.9 画像・写真 「ダイハツ・ミラ イース」が2代目へと進化。従来型の特徴だった低燃費・低価格に加えて、新型では“+α”として先進安全装備「スマートアシストIII」の搭載や、内装の質感を向上させるなど、商品力を大幅に強化している。都内で行われた発表会の様子をリポートする。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
ホームへ戻る