第13回:バイパー、取材を受ける

2017.04.14 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
今日も今日とて武蔵野を爆走する「ダッジ・バイパー」。過日、ついに満タン法で2.7km/リッターという燃費をたたき出してくれました。マジ勘弁してくれ……。
今日も今日とて武蔵野を爆走する「ダッジ・バイパー」。過日、ついに満タン法で2.7km/リッターという燃費をたたき出してくれました。マジ勘弁してくれ……。

webCGほったが、男性ファッション誌の紙面に登場!? ギョーカイ激震の大事件はなぜ未然に防げなかったのか? 今回は、この珍事の経緯を紹介するとともに、そこで考えさせられた「ゆとり世代的自動車メディア論」について開陳させていただく。

読者の方のアドバイスによると、奥に見える金属製のバルブを緩めれば空気が抜けるとのこと。すっかり固着していたので「これは動かないものなのだ」と思い込んでいた。
読者の方のアドバイスによると、奥に見える金属製のバルブを緩めれば空気が抜けるとのこと。すっかり固着していたので「これは動かないものなのだ」と思い込んでいた。
屋外保管の必需品である、カバーライトのボディーカバー。外出時は「グシャっ」とトランクに放り込んでたが、縫い目が弱いとのコトだったので、最近は左右を折り込み、丸めてしまうようにしている。そういえば購入時も、写真の通り海苔巻きみたいな形で送られてきていたっけ。
屋外保管の必需品である、カバーライトのボディーカバー。外出時は「グシャっ」とトランクに放り込んでたが、縫い目が弱いとのコトだったので、最近は左右を折り込み、丸めてしまうようにしている。そういえば購入時も、写真の通り海苔巻きみたいな形で送られてきていたっけ。
前が295/30ZR19、後ろが345/30ZR19という凶悪なサイズのタイヤ。読者の皆さまに加え、オートバックス代官山店からも「前がトーヨー、後ろがニットーなら純正品でもサイズがあります!」とご提案をいただいた。……もう少し考えさせてください。(写真=荒川正幸)
前が295/30ZR19、後ろが345/30ZR19という凶悪なサイズのタイヤ。読者の皆さまに加え、オートバックス代官山店からも「前がトーヨー、後ろがニットーなら純正品でもサイズがあります!」とご提案をいただいた。……もう少し考えさせてください。(写真=荒川正幸)
男性ファッション誌『UOMO』の取材を受けるわが「バイパー」。よもやこのようなことが起こるとは……。これは、富士山噴火の前触れかもしれぬ。
男性ファッション誌『UOMO』の取材を受けるわが「バイパー」。よもやこのようなことが起こるとは……。これは、富士山噴火の前触れかもしれぬ。

天変地異の前触れか!?

まずは読者諸兄姉の皆さまに御礼をば。いつもfacebookやメールなどでメッセージをたまわり、誠にありがとうございます。中には貴重なアドバイスも多々見られ、本当に助かっております。いやホント。

例えば前回などは、「やり方がワカリマセン!」と書いたランバーサポートのしぼませ方について、F氏、およびさるバイパーオーナーの方よりその方法をご教授いただいた。おかげで、パッツンパッツンにふくらんだ硬いシートともめでたくオサラバ。ご両人のお名前は伏せさせていただくので、心当たりの方は自己責任で記者からの感謝をキャッチしてください。ビビビビビビ……。

このほかにも、雨漏りの回を公開した折には、「カバーライトは通気性がいいから、ぬれたボディーにかぶせても無問題」「ただし縫い目が弱いので、たたむときは気をつけるべし」とアドバイスをたまわり、最近では「特殊なサイズのタイヤだけど、ちょっと引っ張ってもいいなら○○という銘柄がある」と、わがバイパーに装着可能なタイヤも紹介していただいた。

本当に感謝、感謝である。第2回でも書いたけど、本連載は皆さまの激励と助言でやっていけているようなものです。あらためまして、御礼申し上げます。

さてさて。謝辞が長くなってしまったが、ここからが今回の本題である。

時は2017年2月18日の午後1時4分。
上述のように他力本願・自転車操業のスタンスで連載を続ける記者のもとに、あるメールが届いた。差出人は、いつもお世話になっている某敏腕ライター氏である。

記者は首をかしげた。氏とのコミュニケーションは、「私(webCGほった)からお仕事をお願いする→お仕事可否の返事が来る→スケジュールのご相談……」という流れが基本で、最初に氏から連絡が来るというのは前例のないことだったからだ。これはいかな用向きなりや? いぶかりつつ開いたメールの内容は、ワタクシ個人はもちろん、webCG編集部を、ひいてはギョーカイ全体を激震させるものであった。
なんと取材の申し入れだったのである。それも、男性ファッション誌『UOMO』の。

男性ファッション誌『UOMO』の!

あなたにおすすめの記事
新着記事