トヨタ・ウィッシュにモノトーンの特別仕様車

2011.09.29 自動車ニュース

「トヨタ・ウィッシュ」にモノトーンの特別仕様車

トヨタ自動車は、ミニバン「ウィッシュ」に専用のカラーリングを施した特別仕様車を設定し、2011年10月3日に販売を開始する。

今回の特別仕様車「1.8S“モノトーン”」は、1.8リッターモデルの上級グレード「1.8S」をベースに、内外装を白と黒のモノトーンでまとめたモデルだ。

ボディーカラーはブラックとホワイトパールクリスタルシャインの2色を用意。外装は、ブラックメタリック塗装のディスチャージヘッドランプやダークメタリック塗装のアルミホイール、スモークメッキを施したフロントグリル/バックドアガーニッシュ、クロムメッキを組み合わせたカラードアウトサイドドアハンドルなど、黒基調のパーツでそろえられた。
一方内装には専用ファブリックと合成皮革をブラックとオフホワイトで組み合わせたシート表皮を採用。ブラックの専用ファブリックを施したドアトリムやボディーカラーに合わせたセンタークラスター、パワーウィンドウスイッチベースが採用されるなど、モノトーンでコーディネートされている。
さらに、スマートエントリー&スタートシステムとエンジンイモビライザーシステムも特別装備された。

価格は217万円(FF)と235万9000円(4WD)で、ベース車より8万円高い設定。

(webCG 本諏訪)

「トヨタ・ウィッシュ1.8S“モノトーン”」
「トヨタ・ウィッシュ1.8S“モノトーン”」

関連キーワード:
ウィッシュトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • トヨタ・アルファード ガソリン車 2.5リッター G 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.4.13 試乗記 2015年1月の登場以来、好調を維持しているトヨタの新型「アルファード」。充実した装備が自慢の「G」の試乗を通し、「大空間高級サルーン」と呼ばれる同モデルならではの世界に触れた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記