トヨタ・ウィッシュにモノトーンの特別仕様車

2011.09.29 自動車ニュース

「トヨタ・ウィッシュ」にモノトーンの特別仕様車

トヨタ自動車は、ミニバン「ウィッシュ」に専用のカラーリングを施した特別仕様車を設定し、2011年10月3日に販売を開始する。

今回の特別仕様車「1.8S“モノトーン”」は、1.8リッターモデルの上級グレード「1.8S」をベースに、内外装を白と黒のモノトーンでまとめたモデルだ。

ボディーカラーはブラックとホワイトパールクリスタルシャインの2色を用意。外装は、ブラックメタリック塗装のディスチャージヘッドランプやダークメタリック塗装のアルミホイール、スモークメッキを施したフロントグリル/バックドアガーニッシュ、クロムメッキを組み合わせたカラードアウトサイドドアハンドルなど、黒基調のパーツでそろえられた。
一方内装には専用ファブリックと合成皮革をブラックとオフホワイトで組み合わせたシート表皮を採用。ブラックの専用ファブリックを施したドアトリムやボディーカラーに合わせたセンタークラスター、パワーウィンドウスイッチベースが採用されるなど、モノトーンでコーディネートされている。
さらに、スマートエントリー&スタートシステムとエンジンイモビライザーシステムも特別装備された。

価格は217万円(FF)と235万9000円(4WD)で、ベース車より8万円高い設定。

(webCG 本諏訪)

「トヨタ・ウィッシュ1.8S“モノトーン”」
「トヨタ・ウィッシュ1.8S“モノトーン”」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • トヨタ・アルファードSR“Cパッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.27 試乗記 好調なセールスが伝えられる、トヨタのミニバン「アルファード」。人気の秘密はどこにあるのか? ハイブリッドの上級モデルに試乗して、そのポイントを探った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
ホームへ戻る