第497回:「フェアレディZ神社」も出現
欧州で“クラシックZ”の人気が上昇中!

2017.04.14 マッキナ あらモーダ!

ニッポンの名車に存在感

ドイツ北西部エッセンの街で2017年4月5日から9日まで開催された欧州最大級のヒストリックカーショー「Techno-Classica Essen(テヒノクラシカ エッセン)」に行ってきた。

29回を迎えた今年、際立っていたのは「ポルシェ911」を扱うヒストリックカー販売店の多さである。特に、“ナロー”と呼ばれる初代や希少モデルは投資対象として格好のアイテムらしい。

もうひとつ、数ではポルシェ911にかなわないが、たびたび筆者の目に止まったモデルがある。

「ダットサンZ」。日本名「日産フェアレディZ」である。

まず発見したのは、プロとアマチュアが入り交じって車両を販売している屋外展示場である。初代(S30)が2台並んで展示されていた。米国ナンバーが付いたままのオレンジの1台は、要レストア状態。もう1台の緑のクルマはフルレストア済みだ。

さらに、ガレリアと呼ばれる巨大なアーケード状の通路を訪れると、今度はフェアレディZを得意とするショップを発見した。初代と2代目(S130)が1台ずつ展示されている。2台とも米国から仕入れたものらしく、初代にはワシントン州、2代目にはアイダホ州のナンバーが付いていた。

ヒストリックカーショー「テヒノクラシカ エッセン」の会場で。2017年は1250の企業および団体と、220の愛好家クラブが出展した。
ヒストリックカーショー「テヒノクラシカ エッセン」の会場で。2017年は1250の企業および団体と、220の愛好家クラブが出展した。
まずは屋外展示場の「240Z」。写真左の1973年型はワンオーナー車で、価格は2万2000ユーロ(邦貨にして257万4000円。以下、価格は1ユーロ117円で換算)。右の1971年型はフルレストア済みで6万ユーロ(702万円)。
まずは屋外展示場の「240Z」。写真左の1973年型はワンオーナー車で、価格は2万2000ユーロ(邦貨にして257万4000円。以下、価格は1ユーロ117円で換算)。右の1971年型はフルレストア済みで6万ユーロ(702万円)。
上写真で紹介した1971年型「240Z」の、美しいフルレストア済みエンジン。
上写真で紹介した1971年型「240Z」の、美しいフルレストア済みエンジン。
ガレリアに展示されていた1971年型「240Z」。価格は2万2500ユーロ(263万2500円)。
ガレリアに展示されていた1971年型「240Z」。価格は2万2500ユーロ(263万2500円)。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事