【上海ショー2017】三菱、2台のコンセプトモデルを中国初披露

2017.04.11 自動車ニュース
「三菱GT-PHEVコンセプト」
「三菱GT-PHEVコンセプト」

三菱自動車は2017年4月11日、上海モーターショー(会期:2017年4月19~28日)で、「GT-PHEVコンセプト」と「eXコンセプト」の2台のコンセプトカーを、中国初披露すると発表した。

「三菱eXコンセプト」
「三菱eXコンセプト」

三菱GT-PHEVコンセプトは、次世代クロスオーバーSUVの最上級モデルという位置づけの、プラグインハイブリッド車のコンセプトカー。すでにパリモーターショー2016で、世界初公開を済ませている。バッテリーの電力だけで走るEV航続距離は120km以上、総航続距離は1200km以上で、1基のフロントモーターと2基のリアモーターで構成される、トリプルモーター方式のフルタイム4WD方式を採用する。

一方の三菱eXコンセプトは、三菱の次世代EVシステムを採用した、コンパクトSUVのコンセプトモデル。こちらは東京モーターショー2015で世界初公開されている。その次世代EVシステムは、従来よりもエネルギー密度を向上させたリチウムイオン電池を床下に搭載し、前後計2基のモーターで4輪を駆動するというもので、航続距離はJC08モードで400kmとされている。

三菱のブースにはこのほか、中国政府が普及を進める新エネルギー車に該当する「アウトランダーPHEV」や、2016年8月から中国で現地生産されている「アウトランダー」などが展示される予定。

(webCG)

 

関連キーワード:
三菱イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事