キャデラックATSセダン プレミアム(FR/8AT)/CTSプレミアム(4WD/8AT)/CT6プラチナム(4WD/8AT)/ATS-Vセダン スペックB(FR/8AT)/CTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)

今はまだ蕾でも 2017.04.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?

日本の伝統的行事をアメリカの伝統的ブランドで

「キャデラックに乗って桜を見にいこう!」というツアーに参加した。GMジャパンがメディアを対象に企画した、5車種のセダンを乗り継いで桜の名所を目指すというもので、花見という日本の伝統的行事を、アメリカの伝統的ブランドで行おうというわけだ。何はともあれ東京都心から、目的地の群馬県へ向かう。キャデラックにセダンが5種類もあるの? と思った人がいるかもしれない。僕も思った。でもあるのだ。追って紹介していこう。

朝イチで割り当てられたのは「ATSセダン」。メルセデスでいう「Cクラス」、BMWでいう「3シリーズ」に相当するサイズのFRセダンだ。キャデラックは一時期セダンのFWD(前輪駆動)化を推し進めたが、やがて間違いに気づいて全車RWD(後輪駆動)かRWDベースの4WDに戻した。高級車を好む層はキャデラックが一時期考えていたよりも保守的で、FWD車を高く評価しなかった。

日本仕様のATSのパワートレインは2リッター直4ターボエンジンと8段ATの組み合わせ。年配の方はキャデラックが4気筒? と意外に感じたかもしれない。キャデラックはダウンサイジングコンセプトを積極的に採用するブランドで、かつてのV6を直4ターボに、V8をV6ターボに置き換えている。ATSのエンジンは最高出力276ps/5500rpm、最大トルク400Nm/3000-4600rpmという立派なスペックを誇り、看板に偽りはなく、非常に力強い。特定の回転域でドッカーンとくるような特性ではなく、発進から高速域まで均等に力強い。回転フィーリングはメルセデスやBMWの4気筒よりも滑らか。一切ザラついた感覚がないまま高回転までスムーズに吹け上がる。静粛性が高いので余計に滑らかに感じる。2、3年前に乗った時よりも明らかに好印象だ。

今回のツアーで試乗に供されたのは写真の5台。左から「CTSプレミアム」「ATS-Vセダン スペックB」「CTS-Vセダン スペックB」「CT6プラチナム」「ATSセダン プレミアム」。
今回のツアーで試乗に供されたのは写真の5台。左から「CTSプレミアム」「ATS-Vセダン スペックB」「CTS-Vセダン スペックB」「CT6プラチナム」「ATSセダン プレミアム」。
最初に試乗したのは、キャデラックのラインナップでは最もコンパクトな「ATSセダン プレミアム」。Dセグメントセダンにあたり、「メルセデス・ベンツCクラス」や「BMW 3シリーズ」を直接のライバルとする。
最初に試乗したのは、キャデラックのラインナップでは最もコンパクトな「ATSセダン プレミアム」。Dセグメントセダンにあたり、「メルセデス・ベンツCクラス」や「BMW 3シリーズ」を直接のライバルとする。
「ATSセダン プレミアム」のエンジンルーム。搭載される2リッター直4ターボは、最高出力276ps、最大トルク400Nmを誇る。吹け上がりの滑らかさが印象的なエンジンだ。
「ATSセダン プレミアム」のエンジンルーム。搭載される2リッター直4ターボは、最高出力276ps、最大トルク400Nmを誇る。吹け上がりの滑らかさが印象的なエンジンだ。
関連記事
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • キャデラックCTSセダン プレミアム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.4.11 試乗記 キャデラックのラインナップの中核を担うミドルクラスモデル「CTSセダン」が、年次改良によって2016年モデルに進化した。従来型からの変化の度合いと、CTSが生来持ち合わせているワールドクラスの実力をリポートする。
  • 「キャデラックCTS」が一部改良、シルバーの限定モデルも 2017.5.18 自動車ニュース GMジャパンが、一部改良を受けた「キャデラックCTS」を5月20日に発売。新しい意匠のグリルと新装備のリアカメラミラーが特徴で、価格は745万円となっている。シルバーの外装色が特徴の限定車「シルバームーンライトエディション」も同時に発売される。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
ホームへ戻る