フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)

似て非なるグランツーリスモ 2017.04.18 試乗記 エンジンがV12からV8ターボへ、駆動方式が4WDからFRへ改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすれば誰もがGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードと思うだろう。しかしステアリングを握ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。

派生モデルではなく新型車

2011年に「FF(フェラーリ・フォー)」が誕生したときのこと。このクルマが、フェラーリ初の4WDロードカーであり、非常に個性的なシューティングブレークスタイルをもっていたことから、それまでの伝統的な4シーターの12気筒FRフェラーリモデルとはまったくジャンルの異なった、“新たなる跳ね馬モデル”として、捉えられていた。

たとえば、FF直前のフル4シーターモデルといえば「612スカリエッティ」で、ボディーサイズ的にはFFとほとんど同じであったものの、両車のドライブテイストは誰が乗っても違うと分かるくらい、まるで異なっていた。

端的に言って、FFは安定志向のGTであり、612スカリエッティは、もちろん2シーターモデルよりもマイルドだったとはいえ、それでもまだフェラーリらしくスリリングなハンドリング志向をもったGTだったのだ。実際に乗り比べてみれば、その差は歴然としており、それゆえ、贅沢(ぜいたく)で実用的なデイリーカーとして、FFの実力を逆に認めたフェラーリマニアも多かった。

FFの後を継いだ「GTC4ルッソ」も、基本的にはFF路線を貫いている。エクステリアデザインや走りのテイストにおいて、スポーティーさをさらに強調した、という点で分かりやすい進化を遂げたものの、革新的な4RM(4WDシステム)が提供する走りは、フェラーリラインナップのなかでは群を抜いて安定志向である、と言っていい。

そんななか、新たに登場したGTC4ルッソTのことを、フェラーリ側は、GTC4ルッソの派生モデルである、とは、公式には一度たりとも言っていない。ただ、“6番目の新型車である”、と主張し続けている。マフラーとホイールを除いて、見た目に異なる点など一切ないというのに、だ。名前もT(=ターボエンジン搭載を意味する)が付け加えられたのみ。まったくもって、追加グレードとしか思えない。

けれども、マラネッロがそこまで違いを強弁する理由は、これまた乗れば分かる、という類いのことだった。

派生か新型か? フェラーリ自身は「GTC4ルッソT」を“6番目の新型車”と主張している。日本でもすでに2017年3月にお披露目されており、車両価格は2970万円。
派生か新型か? フェラーリ自身は「GTC4ルッソT」を“6番目の新型車”と主張している。日本でもすでに2017年3月にお披露目されており、車両価格は2970万円。
V8の「GTC4ルッソT」とV12の「GTC4ルッソ」、この2台の外観に決定的な違いはない。数少ない違いのひとつが、このホイールのデザイン。タイヤサイズ自体は同じ(前245/35ZR20、後ろ295/35ZR20)。
V8の「GTC4ルッソT」とV12の「GTC4ルッソ」、この2台の外観に決定的な違いはない。数少ない違いのひとつが、このホイールのデザイン。タイヤサイズ自体は同じ(前245/35ZR20、後ろ295/35ZR20)。
外観上のもうひとつの違いがマフラーエンド。パイプの内側のデザインが異なっている。
外観上のもうひとつの違いがマフラーエンド。パイプの内側のデザインが異なっている。
エンジンと駆動方式の変更によって、車重は「GTC4ルッソ」の1920kg(空車重量)から1865kg(同)へと、55kg軽くなった。静的重量配分は前46:後ろ54。
エンジンと駆動方式の変更によって、車重は「GTC4ルッソ」の1920kg(空車重量)から1865kg(同)へと、55kg軽くなった。静的重量配分は前46:後ろ54。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GTC4ルッソの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディの新型高性能モデル「RS 3セダン」登場 2017.3.28 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年3月28日、コンパクトセダンの高性能モデル「アウディRS 3セダン」を発表した。価格は785万円。同年7月上旬に、販売を開始する。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 特集 スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
ホームへ戻る