第402回:電気自動車の魅力と実力を再確認
日産の電動化技術をサーキットで試す

2017.04.15 エディターから一言
3人乗りのEVスポーツカー「日産ブレードグライダー」。
3人乗りのEVスポーツカー「日産ブレードグライダー」。

EVスポーツカー「ブレードグライダー」がサーキットを走る! パワープラントの電動化に積極的な日産の、最新の取り組みを知ることができる取材会が袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催された。クローズドコースで、同社の最新モデルの走りを試す。

会場に並べられた日産の最新電気自動車およびハイブリッドカー。右端の「ノートe-POWER」だけは、なぜか標準モデルではなくコンプリートカスタムカーの「NISMO」だった。
会場に並べられた日産の最新電気自動車およびハイブリッドカー。右端の「ノートe-POWER」だけは、なぜか標準モデルではなくコンプリートカスタムカーの「NISMO」だった。
ピットレーンでコースインを待つ「ブレードグライダー」。フロントのトレッドが極端に狭い、三角形のボディー形状が目を引く。
ピットレーンでコースインを待つ「ブレードグライダー」。フロントのトレッドが極端に狭い、三角形のボディー形状が目を引く。
今回試乗したのは、今のところ世界に2台しかないという「ブレードグライダー」の1台。もう1台は、リオデジャネイロのオリンピック・パーク内に常設展示されているという。
今回試乗したのは、今のところ世界に2台しかないという「ブレードグライダー」の1台。もう1台は、リオデジャネイロのオリンピック・パーク内に常設展示されているという。

EVは内燃機関よりつまらない?

ダイムラーやフォルクスワーゲンといった大手ドイツメーカーが、相次いで2018~2020年にかけて電気自動車(EV)を量産する方針を発表し、また米テスラもこれまでより低価格のEV「モデル3」の発売を表明するなど、世の中のエコカーの潮流はEVに傾いているように見える。こうした中で、2010年にいち早く量産EV「リーフ」を発売している日産も、ことし秋の東京モーターショーでは“第2世代のリーフ”を発表すると見られている。

しかし、EVはエコではあっても、走る楽しさはやはりエンジン車が上ではないかというイメージが世間では根強い。そうした先入観を払拭(ふっしょく)すべく日産が開催したイベント「『NISSAN INTELLIGENT POWER』体験会」に参加した。今回のイベントの目玉は、日産が2016年8月にブラジル・リオデジャネイロで公開したEVスポーツカー「ブレードグライダー」のプロトタイプモデルの同乗試乗だ。

今回同乗試乗したブレードグライダーは、2013年の東京モーターショーで公開された同名のEVコンセプトカー「ブレードグライダー」を、より現実的に改良したものだ。2013年に公開されたブレードグライダーは、日産がルマン24時間レースに出場したレースカー「デルタウイング」を思わせる三角形の車体が特徴で、フロントシートの斜め後方に2つのリアシートを配置した3人乗りとし、リーフと同じモーターと、リーフよりも強化したバッテリーを搭載していた。

新着記事