第14回:クリーンディーゼルモデルが大人気!
インポーターに聞きました~プジョー&シトロエン&DS編~

2017.04.14 JAIA輸入車試乗会2017
 
第14回:クリーンディーゼルモデルが大人気!インポーターに聞きました~プジョー&シトロエン&DS編~の画像

2016年はプジョー、シトロエン、DSの各ブランドにクリーンディーゼルエンジン搭載モデルを一挙導入し、高い販売効果をあげたプジョー・シトロエン・ジャポン。その一年を振り返ってもらうとともに、気になる2017年のニューモデルについて話を聞いた。

プジョー、シトロエン、DSの各ブランドに、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルが導入されたのは2016年7月のこと。写真はその“1期生”に選ばれた「シトロエンC4フィールBlueHDi」
プジョー、シトロエン、DSの各ブランドに、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルが導入されたのは2016年7月のこと。写真はその“1期生”に選ばれた「シトロエンC4フィールBlueHDi」。
2017年3月に発売された「プジョー3008」。先代モデルと比べて、よりSUVらしいスタイリングとなった。
2017年3月に発売された「プジョー3008」。先代モデルと比べて、よりSUVらしいスタイリングとなった。
3列シートで7人乗車が可能な「プジョー5008」は、2017年秋に導入される予定。
3列シートで7人乗車が可能な「プジョー5008」は、2017年秋に導入される予定。
日本では2017年夏に発売予定の新型「シトロエンC3」。「C4カクタス」ゆずりの個性的なスタイリングで注目を集めそう。
日本では2017年夏に発売予定の新型「シトロエンC3」。「C4カクタス」ゆずりの個性的なスタイリングで注目を集めそう。
ジュネーブショー2017で発表された「DS 7クロスバック」。“パリのラグジュアリー”を体感できるというプレミアムSUVだ。
ジュネーブショー2017で発表された「DS 7クロスバック」。“パリのラグジュアリー”を体感できるというプレミアムSUVだ。

撮影に応じていただいたプジョー・シトロエン・ジャポンのマーケティング部長ジャン・ミッシェル・オモンさん。「DS 7クロスバック」の美しさに注目してほしいそうです。


	撮影に応じていただいたプジョー・シトロエン・ジャポンのマーケティング部長ジャン・ミッシェル・オモンさん。「DS 7クロスバック」の美しさに注目してほしいそうです。

――昨年度(2016年)の日本市場をどうとらえていますか?

大きく2つのトレンドが現れたと考えています。

ひとつはSUVです。力強く、安全性が高く、洗練されたデザインを持つSUVへのニーズが高まり、各メーカーも平均より小売価格が高いSUVの市場へと、力を入れてきました。弊社ではプジョーから「2008」を投入し、本年予定している、2台の新SUVモデル導入への布石としました。またシトロエンとDSでも、2017年のSUVマーケットに向けて商品企画を整えてきました。

もうひとつはディーゼルです。トルクフルで低燃費という、大きな2つのメリットを持つディーゼルモデルのマーケットは、前年比で約2倍にまで成長しました。PSAグループはディーゼルのパイオニアであると自負しており、昨年はプジョーに6台、シトロエンに2台、DSに3台の、計11車種のディーゼルモデルを発売、7月の導入から約半年間で合計1400台以上を販売しました。

――現在、販売をけん引している車種を教えてください。

プジョーでは「308アリュールBlueHDi」と、ステーションワゴンの「308SW GT BlueHDi」が人気を集めています。どちらもディーゼルエンジン搭載モデルですね。

シトロエンでは「C4ピカソBlueHDi」が人気で、こちらもディーゼルエンジン搭載モデルとなります。

DSは「DS 3」や「DS 4クロスバック」「DS 5 BlueHDi」など、全体に大きな偏りがなくセールスをあげています。どれもがんばってくれています。

――今年導入を予定している車種、注目の車種はありますか。可能ならば大まかな導入時期も教えてください。

プジョーからは、3月にミドルクラスSUVの新型「3008」を発売します。また、3列シートで7人が乗れる「5008」も導入します。こちらは夏ごろになるかと思います。(編集部注:その後、秋ごろの導入と正式発表されました)

シトロエンからは、先進安全装備を追加したC4ピカソを2月中に発売します。注目度の高い新型「C3」は、夏ごろに発売する予定です。楽しみにしてください。

DSでは、フランス本社から新型SUVの「DS 7クロスバック」が発表されます。DSブランドとして一から開発された初めてのSUVで、エクステリアもインテリアも、パリのラグジュアリーを感じさせる特別なデザインです。

――全国のwebCG読者へ向けて、2017年の活動をアピールしてください。

プジョーはSUVの年になります! 3008はその戦略を代表するモデルです。デザインの面でもテクノロジーの面でも、今までのクルマ業界では成し得なかったモデルですので、注目してください。

シトロエンをヒトコトでアピールするなら、「今年は“新しい”シトロエンをお届けします!」ですね。新型C3の導入と、ショールームの新CI(コーポレートアイデンティティー)展開で、全く新しいブランド体験を日本のマーケットに提供します。

DSは、待望の専用ショールームであるDSストア6店舗を、戦略的に立ち上げます。パリのラグジュアリーさを体現するブランディングを、強いネットワークとユニークなモデルラインナップ、さらに際立ったコミュニケーション戦略で実現していきます。

(インタビューとまとめ=webCG 藤沢 勝/写真=峰 昌宏、プジョー・シトロエン・ジャポン、webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事