【F1 2017 速報】第3戦バーレーンGPでベッテル2勝目

2017.04.17 自動車ニュース

F1世界選手権第3戦バーレーンGPの決勝が、2017年4月16日、バーレーン・インターナショナル・サーキット(5.412km)を57周して行われた。

夜の砂漠で跳ね馬が高らかにいなないた。フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、予選3位からのスタートで2位、さらに先んじてタイヤ交換を行いアンダーカットに成功。開幕戦に次ぐ今シーズン2勝目、通算44勝目をあげた。

今季初めてフロントローを独占したメルセデス勢はフェラーリに完敗した。ルイス・ハミルトンは5秒加算のペナルティーを挽回したものの2位でフィニッシュ。初ポールポジションから初優勝を目指したバルテリ・ボッタスは、タイヤに手を焼くなどし3位でチェッカードフラッグを受けた。

バーレーンで過去8回表彰台にのぼっているキミ・ライコネンのフェラーリはポディウムにあと一歩届かず4位。レッドブル・タグ・ホイヤーのダニエル・リカルドは順位を予選より1つ落として5位でゴールした。レッドブルのもう1台、マックス・フェルスタッペンはブレーキトラブルでレース早々にリタイアした。

トップ3チームに次いだのはウィリアムズ・メルセデスで、フェリッペ・マッサが6位。フォースインディア・メルセデスのセルジオ・ペレスは18番手スタートから7位入賞を果たした。ロメ・グロジャンが8位に入りハース・フェラーリは2戦連続でポイント獲得。ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは9位、そしてフォースインディアのエステバン・オコンが3戦連続となる10位フィニッシュで1点を手に入れた。

以下、11位パスカル・ウェーレイン(ザウバー・フェラーリ)、12位ダニール・クビアト(トロロッソ・ルノー)、13位ジョリオン・パーマー(ルノー)、14位フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)が完走した。

3戦2勝のベッテルが68点を獲得し、単独でチャンピオンシップ首位に。ランキング2位のハミルトンは61点でライバルを追う。3位ボッタス38点、4位ライコネン34点とこちらもメルセデスとフェラーリのドライバーが接戦を繰り広げている。ランキング5位はフェルスタッペンで25点だ。

コンストラクターズチャンピオンシップでも、1位フェラーリ102点、2位メルセデス99点と2強がしのぎを削り、47点で3位のレッドブルとの差は開いている。4位フォースインディアは17点、5位ウィリアムズ16点と中団チームの戦いも激化している。

(文=bg)
 

 
【F1 2017 速報】第3戦バーレーンGPでベッテル2勝目の画像
あなたにおすすめの記事
新着記事